2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

戦争は国家指導者・権力者が始めるが、巧妙に国民・民衆も戦争に進んで参加・協力させられるーキーワードは愛国

 戦争は一部の人だけでやれない。戦争を起こす連中=国の指導層=権力者たちは、愛国をキーワードに、国民・民衆を戦争継続のため、巧妙に罠にかけ、自ら進んで軍隊に志願したり、戦争協力の資金供出、戦争賛美・軍隊・軍人賛美の呼びかけ人にさせる。

 自国民に被害・戦死傷者が出れば出るほど、自国が空爆や砲撃でやられればやられるだけ、国を守ろう、愛する兄弟を守ろう、郷土を守ろう、そのために尊い命をささげて戦っている兵隊さんたちに感謝しよう、との大キャンペーンが国の機関・地方行政の機関・全国の学校、報道機関などを通して、連日、繰り返し繰り返し、行われる。

 国民・民衆は、同じことを違う立場の人々から聞かされ、それが本当だ、従うのは当然・義務だと信じ込むようになる。ちょうどオウム真理教や統一教会の洗脳と同じだ。

 愛国=国を守るのを、批判・否定するのは難しい。こんなことが国を守ることにつながるのか?と疑問を感じても、政府が言っていることに不信感を抱いても、それを口に出して言えない雰囲気=世間が出来上がっている。我慢をこらえるほかない。

 それでも毅然と政府を批判する人がおれば、法律でそれを禁じる。それでも屈せず批判を続ける人は、警察が逮捕・監禁・拷問し、裁判所が有罪判決を出し、監獄にぶち込まれる。

 これは世界中どこも同じ。日本も戦前はそうだった。今のロシアもそうだ。戦争継続のため、国家はあらゆる手段を使う。権力を持つとなんでもできる。都合の悪い法律は改悪する。時には憲法も。

 ウクライナの状況を冷静に見れば、このことがよく理解できる。国民がゼレンスキー大統領に逆らえない、批判できない、不満を口外できない。逆に、ロシア憎し、ロシアに勝つまで戦おうとの気持ちに染まっている。

 ロシア国内も同じ状況だ。

 

2024年5月19日 (日)

#与那国島の町長・糸数健一氏とエマニュエル駐日アメリカ大使の面談、映画「戦雲」を見ての感想

 17日、三上智恵監督最新作「戦雲」(いくさふむ)をシネマイーラで見た。その映画で与那国島の自衛隊駐屯地問題が大きく取り上げられている。僕が知らなかった与那国町長・糸数健一氏の素顔も丁寧に描かれている。

 映画の中で、糸数町長は明確に自衛隊歓迎の姿勢を露わにしている。その糸数氏が17日、与那国島自衛隊駐屯地を訪問したエマニュエル駐日米大使と映画でも紹介された台湾に一番近い島の西端で会っている写真が、18日の新聞に出ていた。

 その糸数町長が、5月3日、東京での憲法改正を求める「憲法フオーラム」(岸田首相もメーセージを送る改憲派の集会)で、とんでもない発言をしている。

 本土の新聞には報道されていないが、「ノーモア沖縄戦 命どう宝の会 メルマガ254号」に糸数氏の発言全文が紹介されている。要約ーー

『 私の住む与那国島は国防の最前線。自衛隊が来てくれて安心できる。台湾を守ることは旧宗主国の日本の責務。日本国憲法はアメリカのマッカーサーと一部の卑屈な日本人が作った。自衛隊明記と緊急事態条項は最低限入れるべき。9条2項は国の交戦権を求めると改めるべき。』

 映画では、与那国島の大きなイベント「ハーリー」に自衛隊員も島に住む住民として参加し、それを心から嬉しそうに見守る町長の素顔が描かれている。

 人口が少ない島(わずか1700人)・若者が沖縄本島に出ていく離島の町長にとり、確かに屈強な自衛隊員の存在はありがたいのは良く理解できる。200人の自衛隊員とさらに家族を入れると、島にとり買い物など消費面でも大きな貢献をしている。

 町に入る基地交付金も無視できない。映画では基地交付金については触れてはいないが、恐らく小さな町財政にとり、原発交付金同様、打ち出の小槌になっているだろう。

 日米政府は、対中国の戦略的重要拠点として、与那国島を位置づけている。自衛隊とアメリカ海兵隊の共同訓練がこの与那国島でも行われている。

 本当に台湾有事になれば、島民は九州に避難することになる。国民保護法でそのことが明記され、自衛隊の飛行機や艦船で輸送される計画になっている。

 沖縄戦では与那国島に日本軍が駐屯していなかったので、米軍の攻撃は全くなかった! 軍隊・基地があれば、そこが戦場になる! 沖縄の人々は身をもってそのことを味わった。

 しかし今日、県民の分断が進んでいる。一部の保守的な人々は、日米の軍隊・基地・ミサイルが抑止力となり、自分たちを守ってくれると信じている。

 映画では、自衛隊駐屯地・ミサイル基地・弾薬庫新設に反対する与那国島や石垣島、宮古島の人々が丁寧に描かれている。しかし残念ながら少数派である。沖縄本島のような反対運動は展開されていない。それでも素朴に島の要塞化に疑問を持ち、声を上げる人たちの表情や思いは強く伝わってくる。

 僕は40数回以上沖縄に行っているが、まだ南西諸島には一度も行ったことがない。辺野古や高江の座り込み参加で精いっぱいだ。しかしこの映画を見て、島で声を上げる人たちに直接会って、また島々に展開されている自衛隊基地を自分の目で見たい思いが強くなった。

 今年は自治会の仕事もあり無理だが、来年は是非行きたいと思う。

2024年5月17日 (金)

#5月15日沖縄が日本復帰した記念日、現地では祝う日でなく、米軍に代わり日本政府に支配されるようになった日と位置づけされている

 5月15日は、タイトルにも書いたが、沖縄では祝日でなく、米軍基地を固定化・自衛隊基地拡張・新設、中国との戦争を想定したミサイル基地化、弾薬庫拡充・新設、要するに軍事要塞化を進める日本政府への抗議・怒りを表す日となっている。

 このままでは沖縄が戦場になる! 本土に住むヤマトンチュウ(僕たちのこと)とウチナンチュウ(沖縄の人々)との戦争になるとの危機感の落差は大きい。

Img_2607

 三上智恵さんの本「戦雲」いくさふむ、を映画化した「戦雲」の上映会が、今日17日から、浜松市のシネマイーラで始まる。全国各地で上映会が開かれ、やっと浜松市でも見れる。

 すでに本は読み終えている。この映画に出てくる与那国島・石垣島・宮古島の軍事要塞化の実体とそれに抗う人々の闘いの様子は、この2月に袋井市役所市民ギャラリーで写真展を開催して、市民に紹介している。

 映画はさらにリアルに迫力をもって、僕たちに訴える力を持っている。今日、映画を見に行きます。

下の写真は市役所での写真展で展示したものの一部です。

Img_2444

Img_2443

Img_2443 Img_2445 Img_2447

2024年5月14日 (火)

農業・家庭菜園・有機野菜、地方都市の贅沢

 何度か、借りている畑で家庭菜園を楽しんでいる(草刈は大変だが。。。。)様子をブログに書いてきた。5月に入り、本格的に草刈をし、畑を耕し、色々な夏野菜を植えた様子を写真で表します。

Img_2592

Img_2593

 大好きなゴーヤ。沖縄辺野古に行くと、必ずゴーヤチャンプルーを食べる。健康に良いし、美味しい。酒を飲むのに、ちょうどいいおかずににもなる。袋井でも自分で育てて食べたいと、10数年前からこの時期になると必ずゴーヤの苗を買ってきて植える。失敗したことはほとんどない。

Img_2594

 パセリ、ナス、ピーマンを植えた畝。これらの作物も、先ずは順調に育ち、収穫を楽しめる。

Img_2595

 パブリカの苗。昨年初めて植えたら、そこそこ実った。パブリカは大好きなので、成長・収穫が楽しみ。

Img_2596

 昨年収穫してまだ食べきれていないさつまいもを植えた。通常は苗を植えているが、種芋として自分が栽培したさつまいもの残りを植えた。畝のスペースにゆとりがあるので、苗も近日中に植える。サツマイモも育てるのが楽ちん。先ず、失敗がない。紅芋は美味しい!

Img_2597

2月にジャガイモを植えた。収穫は6月。ジャガイモも失敗は無いが、大きなジャガイモを収穫するのはそう簡単でない。追肥(油粕)を施し、土かけを何回かしてやらないと、大きなジャガイモにはならない。忙しさを理由に手抜きしているので(今回は1回だけやった!)、さあどうなるやら?

Img_2598

 たまねぎ。これまで大きく立派な玉ねぎを収穫したことはない。土壌のせいかもしれないし、肥料(鶏糞)の量が少ないせいかもしれない。

今回は2回、鶏糞をまいてあげたが、やはり量が少ない。6がつに収穫するが、結果はどうなるやら、怖い。

Img_2599

 カボチャの苗。消毒をしないので、葉っぱが虫に食われ、生息吐息の状態。2つ苗を植えたが、もう一つの苗も同じ状態。フローラの液肥をかけてやるとよいのは知っている。3年前に購入した液肥が残っているはずだが、小屋のどこかに隠れてまだ見つけられないでいる。

Img_2600

 アオジソ。7月ごろになると、昨年引き抜いたアオジソの種子が土の中に残っていて、勝手に芽を出し、成長するアオジソだが、今年は早く欲しいので、苗を植えた。そうめんを食べる時に大活躍。アオジソは手がかからず、ありがたい作物だ。

Img_2601

 草に埋もれたニンジン。間引きをしていないので、あまり大きなニンジンの収穫は期待できない。そろそろ何本か引きぬく予定。

写真を取り忘れたが、ミニトマトも植えてある。昨日雨がかなり降ったので、しばらく水やりから解放される。無農薬・有機栽培で、自分が作ったものを食べるのは安心だし、満足感が得られる。約65坪の借地代は、年にわずか3000円。地方都市に住んでいると、土地代が安く、周りが緑が多く、都会では味わえない贅沢を味わえる。

«認知症との方との対応例