2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

2017年9月25日 (月)

友寄さん講演会の写真

友寄さん講演会の写真
Img_7028
Img_7029

沖縄の心こそーー沖縄の歴史と現実 友寄隆静さん講演会

 23日、デンマーク牧場のまきばの家で、「沖縄の心こそー沖縄の歴史と現実ー」と題して、沖縄市にある光の子保育園園長・友寄隆静(ともよせりゅうせい)さんの講演会があった。
 沖縄に心を寄せる人間としてどんなに忙しくともこれは参加すべきだと出席した。僕にとり友寄さんは初めての方だったが、参加してよかった。
 沖縄はなぜ辺野古新基地建設に反対するのか、その心を、歴史と沖縄が置かれている理不尽な現実の両面から、分かりやすくお話してくださった。
 沖縄差別・侵略・米軍への譲渡・軍事支配下の数々の悲劇に関するお話の中で、僕にとり最も印象に残っているのは、1947年昭和天皇がマッカーサーに宛てたいわゆる天皇メッセージである。
 友寄さんは1947年生まれ。僕も同年生まれである。5月3日、現在の日本国憲法が施行された。憲法は天皇の政治的行為を禁じている。
 にも関わらず、昭和天皇はこの年9月に、アメリカと日本を守るために沖縄の米軍基地をそのまま使ってくれと、マッカーサーに手紙を出している。
 これは憲法で禁じられてる政治行為であり、しかも領土分割支配につながる最高度の政治的メッセージである。
 沖縄の歴史は天皇メッセージにより、異民族支配=米軍支配=軍事基地拡張=核兵器の持ち込み=基地被害につながってきた。
 友寄さんは昭和天皇による憲法違反の事実を、御厨東大教授に指摘したが答えは返ってこなかったそうだ。
 大和=日本の憲法学者で、昭和天皇の憲法違反を指摘する人はいない。少なくとも僕はそのような指摘・発言をする学者の存在を知らない。
 沖縄に何度も足を運び、色々な沖縄の方の話を聞いているが、このような指摘は初めてだった。
 友寄さんは、昭和天皇の行為を許せないと明確に述べられた。僕は深く共感する。
 海勢頭豊さんの「月桃」の歌を保育園で歌っているお話も心に残っている。会場で月桃のcdを聞かせてくれた。
 太田昌秀元知事や島袋文子さん、阿波根さん、瀬永亀次郎の生きざまに触れながら、「戦争につながるものを拒否」 これが「沖縄の心」と結ばれた。
 クリスチャンとして物静かな優しい語りが、心にすとんと入る素晴らしい講演会だった。
写真は例により文章が消える恐れがあるので、次回にアップします。

2017年9月23日 (土)

高齢者の定義見直しを求める

 18日の「敬老の日」に合わせ、総務省が『 65歳以上の高齢者人口は、3,514万人 』と発表した。
 総人口に占める割合が、27,7%。 2040年には、35,3%になるとの見通し。
 寿命が延び、少子化社会にあって、この数字は当然。驚くに当たらない。問題は、65歳以上を高齢者にしている統計の取り方と、高齢者の定義を何歳からにするかだ。
 僕は今年70歳。僕の周りの人を含め、「自分は高齢者」と思っていない。皆元気に、色々な活動やら仕事をしている。
 「高齢者」などとひとくくりにされるのは、まっぴらごめんだ。
 年金や介護、医療の分野では、「高齢者」線引きは重要だ。その分野での年齢の線引きと、社会的な高齢者というイメージの微妙な違いや当事者の認識を、分けて考えたらどうだろうか。
 社会保障にかかわる線引きは、軽々しく言えないので、ここでは社会的なイメージとしての高齢者の定義(年齢の線引き)を問題にしている。
 家族や社会が「この人は高齢者だから、配慮する必要がある」と認識する線引きは、その対象が何らかの見守りやサポートが必要になる時期でよいと思う。
 それは個人差があり、80歳以上でも配慮が不要の人もいるが、男性の平均寿命が80歳であることを考慮すると、75歳以上を「高齢者」と定義したらどうだろうか。
 「敬老の日」に、高齢者として行政からお祝いしてもらう年齢が、年々上がっている。僕が住む町内では、77歳以上がその対象となった。
 65歳から75歳までの人間を、高齢者とひとくくりせず、社会に貢献する重要な年齢層として、新しい表現(ネーミング)を考えることを提唱したい。

«衆議院解散総選挙は党利党略許されない暴挙