2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

戦争は国家指導者・権力者が始めるが、巧妙に国民・民衆も戦争に進んで参加・協力させられるーキーワードは愛国

 戦争は一部の人だけでやれない。戦争を起こす連中=国の指導層=権力者たちは、愛国をキーワードに、国民・民衆を戦争継続のため、巧妙に罠にかけ、自ら進んで軍隊に志願したり、戦争協力の資金供出、戦争賛美・軍隊・軍人賛美の呼びかけ人にさせる。

 自国民に被害・戦死傷者が出れば出るほど、自国が空爆や砲撃でやられればやられるだけ、国を守ろう、愛する兄弟を守ろう、郷土を守ろう、そのために尊い命をささげて戦っている兵隊さんたちに感謝しよう、との大キャンペーンが国の機関・地方行政の機関・全国の学校、報道機関などを通して、連日、繰り返し繰り返し、行われる。

 国民・民衆は、同じことを違う立場の人々から聞かされ、それが本当だ、従うのは当然・義務だと信じ込むようになる。ちょうどオウム真理教や統一教会の洗脳と同じだ。

 愛国=国を守るのを、批判・否定するのは難しい。こんなことが国を守ることにつながるのか?と疑問を感じても、政府が言っていることに不信感を抱いても、それを口に出して言えない雰囲気=世間が出来上がっている。我慢をこらえるほかない。

 それでも毅然と政府を批判する人がおれば、法律でそれを禁じる。それでも屈せず批判を続ける人は、警察が逮捕・監禁・拷問し、裁判所が有罪判決を出し、監獄にぶち込まれる。

 これは世界中どこも同じ。日本も戦前はそうだった。今のロシアもそうだ。戦争継続のため、国家はあらゆる手段を使う。権力を持つとなんでもできる。都合の悪い法律は改悪する。時には憲法も。

 ウクライナの状況を冷静に見れば、このことがよく理解できる。国民がゼレンスキー大統領に逆らえない、批判できない、不満を口外できない。逆に、ロシア憎し、ロシアに勝つまで戦おうとの気持ちに染まっている。

 ロシア国内も同じ状況だ。

 

2024年7月19日 (金)

#ピースボート2026年8月横浜出航 正式申し込み完了

 今日、電話で2年後8月21日、横浜発、12月6日横浜着、108日間の乗船申し込みを終えた。後は、7月25日までに、早割代金、176万円を送金するだけ。

 窓なしスタンダードインサイド・ツインの部屋。友人と相部屋。昔からの友人なので、互いに気心が分かっており、安心感がある。課題・問題は、2年後まで、健康を維持すること。

 大腸がんの手術は無事終えたが、転移がないことを祈る。交通事故はいつ起きるかもしれない。心房細動で、血液さらさらの薬イグザレルトを毎日1錠飲んでいる。交通事故で出血したら、血が止まらない危険性を抱えている。それが一番怖い。

2024年7月15日 (月)

#ピースボート2026年8月北回りの船旅

 一緒に乗船する友人と2026年夏出航のピースボートの寄港地や代金支払いについて、静岡市で相談会を持った。僕は3回目。友人は初めてのピースボート。彼の希望コースと僕の希望が一致したので、8月21日横浜発、12月6日横浜着の船に乗ることを決めた。108日間の船旅。

 問題は代金。今回は少し贅沢をして、スタンダードインサイド(窓がない2人部屋、ツイン)にすることにした。早割、7月25日までに支払えば、176万円!

 通常は278万円とある。100万円も2年前に払うと安くなる。しかしこれは通常代金を高く設定しているからであり、豪華客船ではないのだから、本当はもっと安いだろうと思われる。

 貯金を下ろす必要もあり、代金送金が、8月以降になれば、いくらになるかメールで問い合わせ中です。多分高くなるだろう。

 これまで2回乗船したが、4人部屋だった。最近早く目が覚め、3時過ぎから本を読んだり、メールをチエックしたりするので、迷惑をかけるといけないので、気の置けない友人2人の相部屋にする。

 彼とは教員仲間で同じ組合(日教組につながる、高校ユニオン)で活動し、退職後も沖縄・高江・辺野古座り込みに一緒に参加している間柄。船内でも沖縄をテーマに、シンポジウムやゆんたく(お茶を飲みながら気楽に沖縄に関係する話題でおしゃべり)、写真展、映画会などを企画したいと思っている。

 互いに健康に注意して、それまでにガンになったり、交通事故などに会わないようにしようと話し合った。

2024年7月14日 (日)

情報を集める、活かす、脳の活性化に役立たせる

 僕は毎朝、中日新聞と朝日新聞を読む。隔週に届く社会新報や月に2回届くビッグイシューも丹念に読む。パソコンでは、毎日、電子版の琉球新報と沖縄タイムスも読む。

 年に数回届く通販生活や、静岡県内市民団体から届く会報にも目を通し、自分の必要とする情報を得ている。袋井市発行の広報にも目を光らせている。自治会関係のちらしにも注目している。

 テレビからの情報を得ているが、事件報道が多く、役に立つ情報が少ない。ラジオ情報は車を運転している時のみ。

 スマホのライン情報も毎日チェックしている。その他目に入る・手に入るあらゆる情報に接し、取捨選択を繰り返している。現代は情報過剰社会。正直、大変です。

 膨大な情報を一旦頭に入れ、忘れる場合が多い。議会や市民運動、ブログ作成に役に立つと思われるものは、新聞なら切りぬく。雑誌類なら捨てずに保管するようにしている。

 色々な情報に接して、自分の世界が広がっている感じがする。地球上には、日本には、静岡県内には、立派な人がいる、生き方を参考にすべき人がいることを知ることは、喜びであり、自分の生き方や人生に役立つ。

 知らなかったことを知ることは、知的好奇心が満たされる。ワクワク感がある。ここに行ってみたいと思う。

«自衛隊・防衛省の不正・予算1300億円使い残し・パワハラなど問題続出、採用人数予定の半分 不人気の原因と不祥事多発の原因は?