2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

2017年7月23日 (日)

沖縄辺野古・高江最新情報 その6 不屈

 『 勝つまで諦めない 』
 これが現地で座り込む人々の合言葉である。ゲート前に座り込み、工事車両と作業員を基地内に入れないようにいくら努力しても、警察機動隊のごぼう抜きで排除され、工事車両がどんどん中に入っていく。
 僕が座り込んだ時もそうだった。
Img_6791
Img_6792
 工事車両が入る時、防衛局が警察に事前に電話し、作業用ゲートの警備員(アルソック)にもその情報が伝えられる。ダンプカーなど作業車両が入る5分前ぐらいになると米軍基地内に待機している機動隊員がぞろぞろ出てきて、我々の前に立ち、前の人からごぼう抜きをする。
Img_6793
Img_6794
Img_6797
 ゲート前の人々を排除した後、工事車両がどんどん入っていく。
Img_6795
Img_6796
 ダンプには砕石が積まれている。日によって違うが、僕がいた時は多い日で170台。少ない時で、40数台。
 悔しい。排除された僕たちは、機動隊が作る”オリ”の中に入れられ、外に出ることができない。車列が長い時には、1時間以上も閉じ込められる。(中に入ったダンプが、出るまで待たされる)
 昨年現場のリーダー”山城博治”がいたころは、水曜日や土曜日大勢の人が集まり、一台も中に入れさせないときもあったが、最近では集まる人もそれほど多くはなく、ほぼ排除され、作業車の侵入を防ぐことができない。
Img_6825
Img_6827
  生コンもたくさん入る。護岸の周りに置く「テトラポット』制造のためと思われる。車両が入るたびに,『 工事が進む 』と悲しい思いと悔しい思いが交錯する。
 しかし、あきらめて誰一人ゲート前に立たなくなったら、どうなるだろうか?
 政府・米軍は大喜び。マスコミは、沖縄県民は基地建設を容認したと報道するだろう。あくまでも新基地建設を許さないと、抗議の声を上げる、座り込みは民主主義の一形態である。
Img_6811
 海上で頑張っているカヌー隊のメンバーも、同じ思いである。粘り強い抗議・監視が、連日沖縄では続いている。
Img_6833
 15日、辺野古ゲート前の看板。工事はおそらく10年近くかかるだろう。この数字は万を超える。
 不屈の闘いで、作業断念に追い込みたいのが皆の気持ちである。

2017年7月22日 (土)

沖縄辺野古・高江最新情報 その5 キャンプシュワーブゲート前

Img_6739
 
Img_6738
米海兵隊キャンプシュワーブゲート前午前8時ごろから猛烈に暑くなるr日傘や帽子は必需品8日座り込みに参加して撮影。
Img_6743_2
基地の中は宿舎建設が進んでいるい。
 
Img_6744_2
土曜日ということで大勢の人が集まったので、午前中は作業車の出入りはなかった。午後2時から、辺野古コミュニティセンターで、北上田さんによる「辺野古新基地建設事業の現状とこれから」と題する講演会があり参加した。
 Img_6747
 北上田さんはかなり楽観的な見方をしている。
『 国・防衛局は、県民に諦めさせるため、埋め立てが進んでいると見せかける必要性から、護岸工事で実際に砕石を海上に落としているが、100メートルぐらいでやめるだろう。ボーリング調査の結果、大浦湾の海底に空洞(サンゴでできている土地なので、海底にもガマがある)が見つかり、工事計画の見直しが迫られている。
 工事計画の変更には知事の許可が必要。さらにキャンプシュワーブ内を流れる川の工事には、名護市長の許可が必要。
 来年1月に名護市長選があるが、それまでは大規模な埋め立てがないだろう。もちろん準備作業はある。さらに護岸が台風で壊れないようにする作業も。 』
 僕は15日まで辺野古にいたが、必ずしも北上田さんが指摘する状況とは思われなかった。護岸を伸ばす作業も行われており、また戻ってからの沖縄情報では、工事用仮設道路建設のため、砂浜にダンプから砕石を落とす作業も行われている。

2017年7月20日 (木)

沖縄辺野古・高江最新情報 その4 高江の現状続き

 高江に行ったのは8か月ぶり。9日午前に、カヌーの練習をし、午後以前知り合った方と共に訪れた。その3で写真を掲載したが、全て9日に撮影したもの。
 日曜日は工事もなく、静かそのもの。当番の女性が一人。にも関わらず、アルソックの警備員はたくさんいた。
Img_6757
 座り込みの人がいなくても、彼らは24時間体制で、警備している。山などその気になればどこからでも入れるのに、全く意味のない警備だ。税金のムダ使い。辺野古でも高江でも、政府は米軍基地を作るためなら金を惜しまない。
 10日月曜日は作業員が入る恐れがあるので、早めに現地に行った。
Img_6764
 午前中N1表と言われるこのゲート前に座り込んだが、結局作業員は別の箇所から入った。
Img_6765
 上の図(看板)にあるN1の2つのヘリパッド、H,Gの2つのヘリパッドは、昨年7月以降工事が再開し、突貫工事で一応作られてしまったが、ずさんな作業の結果、米軍に引き渡してから一度も使われていない。
 特にHのヘリパッドは斜面が崩落する心配がある。さらに土硬めも不十分。芝生も禿があちこち。作業員たちはその補修作業をするため山に入った。
 すでに必要な重機や材料が運び込まれているので、作業員を山に入れないのが高江の闘いとなっている。
 しかし以前と比べ、集まる人が少なく、また山に入る所は複数あるので、完全に阻止するのは不可能に近い。
 僕が高江にいた2日間は、オスプレイや他のへり訓練がなかったが、沖縄滞在中地元の新聞にはオスプレイの訓練が報道されていた。
 辺野古新基地ができれば、もっと頻繁に危険な訓練が行われる。高江の集落は以前人口が160人だったが、今は140人ぐらいに減少。やんばるの豊かな自然に憧れ、移り住んだ人たちが、オスプレイのために高江を去りつつある。

«沖縄辺野古・高江最新情報 その3 高江の現状