2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

2017年4月25日 (火)

議員としての仕事

 昨日朝、悲しい光景に出くわした。5月3日伊藤千尋さん講演会の宣伝を袋井駅前でやり、帰ろうとしたときの出来事である。
 袋井駅南口の駐輪場が狭く、高校生たちの自転車の置き場がなかった。電車の時間が迫っているので、高校生たちは、はみ出したところや、置いてはいけないところに止めようとしていた。それを必死でやめさせようとする管理人。
 管理人の立場からすれば当然の指導。一方、高校生たちは戸惑い、中には勝手において駅に走っていく者もいる。
 僕はしばらくその光景を見ていて、管理人に声をかけた。「ご苦労様。大変ですね」と。管理人は、「毎朝この繰り返し。困っています。」
Img_6460
Img_6461
Img_6462
Img_6463
 問題の本質は、高校生のモラルでなく、あまりにも狭い駐車場が原因である。
Img_6464
Img_6465
 実は駅南口には空き地がある。ここも駐輪場にすれば、解決する。
そこで、ちょうど昨日、市の幹部職員(市長も含めて)と当選した全議員との顔合わせ会があった。駐輪場を管轄する担当課の課長さんに、朝目撃したことを話し、先ずは現場を見てほしいと話した。
 すぐ行きますと言っていたが、午後3時過ぎに駐輪場の管理人室を訪ねたところ、まだ来ていないとのこと。
 管理人に空き地の利用を話したところ、所有者は良く分からないとの返事。jr東海の駅事務員に聞くと、jrのものでないことが分かった。
 夕方5時前に、担当課長に電話。「明日朝 、現場を見に行きます。」との返事。空き地は市の所有かどうか尋ねると、調べてから返事をするとのこと。
 30分後に課長から電話。「今、現場を見てきました。空き地は市の所有です。」
僕からの電話で現場を見に行ったことは評価したい。しかし来年、屋根付きの駐輪場を建設する担当課の課長が、現在の仮の駐輪場から100メートルも離れていない空き地が市の所有であることを知らないことに驚いた。
 区画整理組合がその空き地(駅南の一等地。もう3年間空き地のまま、放置されている)を管理しているそうだ。
 課長に、区画整理組合はどこにあるか聞くと市役所にあるとの返事。都市計画課内だ。僕から直接空き地を暫定的に駐輪場に解放してほしいと頼んでもよいが、貴方からまず依頼してほしいとお願いした。
 さてどうなるやら。僕が市の幹部なら即日、空き地を困っている高校生や管理人のために開放する。

2017年4月23日 (日)

21世紀の朝鮮通信使友情ウオークを静岡県内で歓迎する準備

 今回で6回めとなる21世紀の朝鮮通信使友情ウオークが、4月1日ソウルを出発し、まもなく日本の対馬、博多入りする。
 静岡県に入るのは5月11日。僕は2回めの時から、接待や歓迎パーティーの準備などに関わってきた。
 選挙で準備が遅れたが、2日前から本格的に関係者に連絡を取り、出来る限りの心温まる接待・歓迎や、市役所表敬訪問・県庁表敬訪問、報道機関への情報提供など、準備作業に力を入れたい。
 どこでどのような接待・歓迎をするのか、表敬訪問の日時、歓迎パーティの日時や会場など、まとまってきたら文章化して、このブログに掲載したい。
 政治的には隣国の韓国と冷え切った状況にあるが、庶民どうしの心温まる交流を実現するため、多くの人や関係機関に働きかけ、韓国から来る参加者・日本隊として参加する在日の方たち、日本人ウオーカ―達に、喜んでもらえるようにしたいと念願している。

2017年4月21日 (金)

当面の僕の課題

 選挙が終わり、少し心と体の余裕ができた。今、僕が取り組むべき当面の課題に、一つ一つ向き合っている。今日もそのため、各方面への働きかけや文書作成等、やるべきことが山ほどある。
 議員としては、自分が住む地域の幼稚園の存続問題。すでに関係の4つの園を訪問し、園長先生から必要な情報を集めている。
 昨日は、教育委員会の担当課を訪れ、課長らと話し合い及び聞き取りを行った。今日は自治会の責任者と協議する予定。
 5月3日憲法記念日袋井市民のつどい、伊藤千尋さん講演会を成功させる取組が最短の課題。
 マスコミへの協力依頼、市職員組合への当日協力依頼は、昨日行った。今日は市民のつどい実行委員会が午後ある。その会議メモを午前中に作成する必要がある。伊藤千尋さんの書籍販売については、2つの出版元に、注文済み。
 一番肝心なのは、たくさんの人に来ていただくための取組。メールでは情報をすでに送ったが、これからは一人一人の家庭を訪問し、声掛けをする必要がある。協賛金集めを兼ねて。
 21世紀の朝鮮通信使友情ウオークを静岡県で歓迎する準備も、緊急を要する課題だ。5月16日、県庁表敬訪問は担当課の職員と打ち合わせ済みで、うまくいきそうだ。
 しかしその夜の歓迎パーティーの準備は、これから。会場の手配は終わっているが、肝心の出席者への依頼はこれから。韓国民団や静岡文化の風、これまで友情ウオークを暖かく迎えてくれた人たちと、先ず会合を持つ必要がある。
 今日はその日取りと会合場所の確定を、関係者に電話して決める必要がある。浜松市役所と忍冬酒の加藤さんからは、昨日うれしいメールが届いた。浜松市での歓迎は大成功しそうだ。
 袋井市での歓迎の準備はこれから。5月12日、ウオーク一行が静岡県入りする前までには、全て準備完了を目指したい。
 一番厄介なのは、選挙管理委員会に収支報告書を5月1日までに提出する作業。会計責任者は僕なので、一人で書類を作成しなければならない。こうした実務作業は、大の苦手。事務に向いていないと、公務員や会社員の道をさけ、教員になった。
 まあ何とかなるさの気持ちで、ぼちぼち取り組むことにする。。。。。。。。。

«滑り込みセーフの当選