2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 官僚の無責任 個人責任を問うべき | トップページ | 浜岡原発再稼働の是非を住民投票での署名集めの現場から 続編 »

2012年6月21日 (木)

浜岡原発再稼働の是非を住民投票での署名集めの現場から

住民の声

 政府・福井県が大飯原発再稼働を決めてから、署名を集めに行った家庭から政府への怒りの声が伝わってくる。それも普通のおばさんや高齢の女性から。

 「福島の人たちが大変な状況になっているのに、原発を動かすなんて許せない」 「私は後10年も生きられないが、子や孫にきれいな環境を残したい。放射能は怖い。原発はダメ」 「脱原発と言っていたのに、もう再稼働するとは政治家は信用できない」

 「電力不足とかいうが、節電すればよい。私らの子供時代はクーラーなど電気製品がなかった。我慢すればなんとかやっていける。我が家ではできるだけ電気を使わないようにしている」

 5月13日から署名活動が始まったが、最近積極的に署名してくれる人が増えたように思われる。福井県の状況で、危機感を持つ静岡県民が増えたようだ。

しのびよる高齢化

 戸別訪問をすると地域の実態が見えてくる。高齢化。平日の昼間でも家に居る人が多い。この点署名を集める側にはありがたい。一人暮らしの方も多い。昨日は92歳の方が署名してくださった。1昨日は93歳の方が。しっかりとした字でゆっくり住所・氏名・年齢を書いてくれる。

 中には病気で寝ている方や、自分で字が書けないので奥さんが代理署名してくれた家もある。よろよろと(失礼な表現だが)玄関に出てくる方、大きな声で話しかけないと聞こえない方、介護に訪れたホームヘルパーが代わりに出てくるケースもある。

 浜岡原発が爆発したらこの人たちはどうやって逃げるのか  高齢者のお宅でいつもこのとを考える。袋井市の人口は8万人を超える。このうち80歳以上の方が何人いるか正確には知らないが、おそらく数千人はいるだろう。

 袋井市は避難先を確保していない。全ての市町村がそうだろう。大飯原発が爆発したら影響を受ける福井県や京都府、滋賀県も状況は同じ。病院や老人施設はもっと深刻だ。にもかかわらず、原発を再稼働するのはあまりにも無責任だ。

 高齢者のお宅を訪問して、「浜岡原発は絶対に再稼働させてはならない。永久停止・廃炉まで頑張ろう!!!」との思いを強くしている。

 

« 官僚の無責任 個人責任を問うべき | トップページ | 浜岡原発再稼働の是非を住民投票での署名集めの現場から 続編 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浜岡原発再稼働の是非を住民投票での署名集めの現場から:

« 官僚の無責任 個人責任を問うべき | トップページ | 浜岡原発再稼働の是非を住民投票での署名集めの現場から 続編 »