2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 浜岡原発再稼働の是非を住民投票で 署名集めの現場からーー商店街の反応 | トップページ | 浜岡原発再稼働の是非を住民投票で 署名集約 »

2012年7月12日 (木)

浜岡原発再稼働の是非を住民投票で 署名集めの現場からーー最終日

最終日

 7月11日が署名集めの最終日。午前13人。午後40人。夕方5人。計58人集めることができた。1日で集めた数では一番多い。もっとも午後は磐田の女性が生協袋井店で集めるから協力することになり、2人で2時間10分かけて集めた40人分が大きい。

 午後4時から児童養護施設で子供の勉強をみたり、夜、磐田で演劇鑑賞会の会合があったりと、時間が無い中での最終日だったが、まずまずの成果をあげることができた。

 午前、初めてJR袋井駅の南地区・田端を回った。駅前商店街はJR北口に広がっているが、この地区はすぐ南側に田んぼが広がり、狭い住宅地となっている。正直、反応は芳しくなかった。わずか13人しか集めることができなかった。

 しかし2人の住民と貴重な対話をすることができた。1人の方の自宅は駅南再開発のための道路建設にかかり、立ち退きを迫られている。

 この道路は全く不必要なものだと以前から思っていた。駅の南側を東西に走る18メーター道路計画のことだが、工事はその家の前まで完了している。奥さんの話によると、交渉は中断したまま。線引きされた他の家も同じ状況だそうだ。

 実は駅南再開発とJR袋井駅の立て替え計画について、6年前市民の意見を聞くパブリックコメント(?)の呼びかけが行政からあり、応募したところ結局僕一人が意見を述べる機会があり、反対の意見を述べた経過がある。

 40数億円の税金を使う事業計画だ。署名集めのおかげで住民の生の声を聞くことができた。住民に歓迎されない、納得できない移転という苦痛を強いる都市開発が袋井市でも進められていることに心が痛む。

 もう一人の方は70台前後の車いすの男性。政治感覚が鋭い。ぼんぼん、野田、橋本大阪市長、前原民主党政調会長らの名前をあげ、断罪する。小気味がよいぐらい、政治通。日本は戦前に似ていると、ファシズム再来を心配されている。鋭い人が袋井市にもいるものだと、うれしい出会いだった。

 

« 浜岡原発再稼働の是非を住民投票で 署名集めの現場からーー商店街の反応 | トップページ | 浜岡原発再稼働の是非を住民投票で 署名集約 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 浜岡原発再稼働の是非を住民投票で 署名集めの現場からーー商店街の反応 | トップページ | 浜岡原発再稼働の是非を住民投票で 署名集約 »