2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 浜岡原発再稼働の是非を住民投票で 署名集めの現場からー『犬も歩けば棒にあたる』 | トップページ | ピースボート75回クルーズ船内企画アースデーでスピーチ »

2012年7月 3日 (火)

小沢新党?

政界は一寸先は闇

 小沢さんが消費税増税に反対し、民主党を離党するのは評価するが、さりとて僕は小沢さん自身は古いタイプの政治家であり、何の期待も持っていない。

 おそらく自民党・公明党が一番小沢離党を喜んでいるだろう。選挙をやれば、どの政党が議席を伸ばすのか、全く予想がつかない。民主党の敗北は分かりきっているが。

 政界は一寸先は闇だ。どの政党どうしが野合し、連立を組むのか、先が見えない。見えるのは貧しい日本の政治と政治家ども。

 政策で共鳴できるのは、社民党と共産党だけ。両党が美濃部革新知事を産んだときのように、共闘するのが有権者にとって一番望ましいと思う。

 沖縄・高江・辺野古では、社民・共産の共闘が長く続いている。そもそも基地反対では保守も革新もない。みんな仲良く座り込みに参加している。オスプレイ配備反対では、全沖縄が団結している。

 本土でも個々の政策、例えば反・脱原発、再稼働反対、消費増税反対、憲法9条改悪阻止、教育や福祉の充実、地域での個別課題などなどで、一致できることは無党派の市民団体(個々の市民)と社民党、共産党が一緒にやるべきだと思う。

 

« 浜岡原発再稼働の是非を住民投票で 署名集めの現場からー『犬も歩けば棒にあたる』 | トップページ | ピースボート75回クルーズ船内企画アースデーでスピーチ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢新党?:

« 浜岡原発再稼働の是非を住民投票で 署名集めの現場からー『犬も歩けば棒にあたる』 | トップページ | ピースボート75回クルーズ船内企画アースデーでスピーチ »