2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« オスプレイ配備の目的ー何故アメリカは配備を強行するのか その背景 | トップページ | 原発災害と放射能 学習会レポート »

2012年8月 1日 (水)

木村百合子さん公務災害認定訴訟 基金側控訴断念のニュース

久しぶりにうれしいニュースが飛び込んできた。このブログでも訴えたが、うつ病発症で自死した木村百合子さんの遺族が公務災害認定を求めた裁判で、被告基金側が控訴しないとのニュースが、今朝の朝日新聞静岡県版に掲載されていた。

 8月2日が控訴期限だから、本当に東京高裁勝訴判決が確定したら、支援してきた一人として心から喜びたい。同時にご両親や家族、弁護士の先生がた、中心的に裁判支援を続けてこられた方々に「ごくろうさまでした。おめでとうございます」と、言いたい。

 僕が裁判傍聴の形で支援を続けた裁判で、浜松自衛官人権裁判に続く2件目の勝訴となる。ささやかな支援が実ったことを率直に喜びたい。

 しかしよく考えてみると、自死された自衛官のHさん、そして木村百合子さんは裁判に勝っても戻ってはこない。お父さん、お母さん、家族のことを考えると、喜んでばかりおれない。遺族の悲しみは裁判に勝っても癒されることはない。

 二度と同じことが起きないよう関係者が最大限の努力をする、このことが自死された2人および遺族に報いることだと思う。

 今日、東京高裁で浜岡原発運転さし止め裁判がある。原告の一人としてこれから出かける。この裁判も是非勝訴したいものだ。

« オスプレイ配備の目的ー何故アメリカは配備を強行するのか その背景 | トップページ | 原発災害と放射能 学習会レポート »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木村百合子さん公務災害認定訴訟 基金側控訴断念のニュース:

« オスプレイ配備の目的ー何故アメリカは配備を強行するのか その背景 | トップページ | 原発災害と放射能 学習会レポート »