2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 原発災害と放射能 学習会レポート | トップページ | 明日から沖縄へ »

2012年8月 2日 (木)

3つの浜岡裁判

浜岡原発運転差止請求東京高裁裁判

 8月1日上記の裁判(午後3時開廷)に出席した。静岡市の仲間が青春18きっぷを購入し、5人一組計4組で普通電車で東京往復。料金は2,300円!!!  安い。全員が退職者なので助かる。もっとも袋井の自宅に帰ったのは、午後11時前だったが。。。。。。。。。

 中部電力は引きのばし作戦。こちらは「国会事故調報告書が求める新たな耐震設計審査基準と再調査」と題する準備書面を提出し、攻勢。

 福島の事故のあと、裁判官もこの訴訟に対する姿勢が変わってきたように思われる。中電側の引きのばしを認めず、9月20日進行協議、それまでに準備書面を出すよう、裁判官から提示があり、裁判は終わった。

 傍聴者は約70名ぐらい。大きな法廷なので全員入ることができた。裁判の前に高裁入口で、マイクでの訴えとちらし配布を行った。僕にもしゃべれと言うので、初めて東京で脱原発のスピーチを行った。

裁判終了後、弁護士会館で集会。同時に別の場所で原告代表と主任弁護士が記者会見。詳しい内容は、今朝の朝刊(多分全ての新聞)に掲載されている。

 この日の裁判には、浜岡原発運転終了を求める裁判(僕はこちらも原告)の弁護士と、同じ内容で集団住民訴訟の弁護士も参加されていた。

 弁護士同士がつながっていることをうれしく思う。できれば原告や支援者もつながることができればよいのになあ、とつくずく思う。

 

« 原発災害と放射能 学習会レポート | トップページ | 明日から沖縄へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3つの浜岡裁判:

« 原発災害と放射能 学習会レポート | トップページ | 明日から沖縄へ »