2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 日中双方の利益と尖閣(釣魚)列島問題 | トップページ | 税金の使われ方を監視しよう »

2012年9月24日 (月)

竹島(独島)問題と日本・韓国の友好関係

日本が領有を声高に主張することにどんな利益があるのだろう?

 尖閣列島同様に、竹島(独島)も日本の固有の領土(島根県の一部)だ、韓国はけしからんと、声高に叫ぶ政治家やそれをあおるマスコミ。

 幸いにも中国での半日デモのように過激なリアクションは起きていないが、火種は消えていない。自民党総裁選挙の候補者たちは、政府が弱腰だから韓国になめられていると言わんばかりに、竹島(独島)問題でも強硬な姿勢を競いあっている。そして導き出されるのは日米軍事同盟強化と、自衛隊増強。

 冷静に考えよう。竹島(独島)を韓国が実効支配していることが、日本にどんな不利益をもたらしているのだろうか?

 経済的・文化的・民間交流全ての分野で、半世紀以上この島の領有をめぐって特に大きな障害は双方に起きなかった。庶民感覚では「関係ない」が、正直なところだろう。単なる岩山。資源もない。

 歴史的に日本が明治以前この島を領有していた事実はない。島根県の一部としたのは、韓国を軍事的に保護国にしてから。尖閣同様、武力で日本の領土とした。

 僕はこう考える。韓国が実効支配している現実を認めるべきと。いまさら日本の領土だ、返せ、と騒いでも、反日歴史感情に火をつけるだけ。政治・経済・観光・文化交流にマイナスになるだけだと思う。何の利益もない。

 島根県の漁民が島周辺で漁業する権利と、遭難した時保護してもらえるよう、日韓でとりきめる、そしてできれば島周辺海域の漁業資源を共同管理する、このための交渉を粘り強くやるのが、日本の利益につながると思う。

« 日中双方の利益と尖閣(釣魚)列島問題 | トップページ | 税金の使われ方を監視しよう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竹島(独島)問題と日本・韓国の友好関係:

« 日中双方の利益と尖閣(釣魚)列島問題 | トップページ | 税金の使われ方を監視しよう »