2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« アクセス3万超える | トップページ | 沖縄レポート 2 米兵凶悪犯罪を断ち切るために »

2012年10月15日 (月)

オスプレイを追い出し、普天間基地撤去の闘いが始まった

オスプレイが配備されても決して沖縄はあきらめていない

 10月7日から13日まで沖縄に滞在し、普天間基地ゲート前での行動に参加した。内1日は高江に行った。何回かに分けて本土のマスコミでは報道されない、あるいは詳しく報道されない、沖縄の闘いをレポートしたい。

101


068


054


121


062


残念ながら12機のオスプレイ配備は配備されたが、沖縄では粘り強い闘いが続いている。月曜日から金曜日まで早朝6時から8時まで、普天間基地のメーンゲート・大山ゲートで「熟年・命を守る会」(65歳以上の年金生活者が中心)の人たち約30名が、赤いメガホンとオスプレイノーのプラカードを使い、出入りする車(500台から600台)に「マリーンアウト」「マリーンゴーホーム」と叫び続けている。

 国道330号に面した野だけゲートでは、平和市民連絡会が7時から12時まで同様な活動を行っている。12時から午後4時までは、普天間爆音訴訟団が、4時から6時までは嘉手納爆音訴訟団が引き継いでその活動を続けている。野だけゲートは一般車両がたくさん通行するので、沖縄のドライバーに手を振りながら、「あきらめずに闘いを続けていこう」とメッセージを送り続けている。

 金曜日の夜は6時から7時まで、平和運動センターが中心となり、金曜集会が野だけゲートで行われている。

 オスプレイを追い出すまで、普天間基地を取り返すまで、決してあきらめることなく島ぐるみの闘いを継続していこう、これが沖縄の総意である。

 次回は具体的な報告をする。

« アクセス3万超える | トップページ | 沖縄レポート 2 米兵凶悪犯罪を断ち切るために »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オスプレイを追い出し、普天間基地撤去の闘いが始まった:

« アクセス3万超える | トップページ | 沖縄レポート 2 米兵凶悪犯罪を断ち切るために »