2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 沖縄レポート 2 米兵凶悪犯罪を断ち切るために | トップページ | 普天間基地ゲート前アクションレポート 海勢頭豊さんの歌 »

2012年10月19日 (金)

普天間基地ゲート前アクションレポート

沖縄県警は米兵を守るのか、県民を守るのか?

024


普天間基地大山ゲート前にずらりと並ぶ沖縄県警の装甲車。中には機動隊員がいる。16日、若い女性が米兵2人に集団強姦される痛ましい事件があったが、警察は誰を守っているのだろうか?

 9月30日、ゲート前に座り込んだ人々に襲いかかったのは、彼らだった。僕は沖縄で多くの人から、警察の暴力について話を聞いた。強引にごぼう抜きされる過程で、多くの方が体を痛めた。中には救急車で運ばれた人も数人いる。肋骨が折れた人もいる。

 70歳以上の高齢者や女性にも乱暴を働き、あざや擦り傷ができた人もいる。2度、3度と座り込みをさせないために、装甲車とフェンスの間に人々を3~4時間閉じ込め、トイレすら何度頼んでも簡単には行かせなかった。この攻防戦のあと、寝込んだ人もいる。

 普天間基地のゲートは、24時間警察が警備している。オスプレイを強行配備し、日米合意を無視して自由に、沖縄の空を危険な飛行機を飛ばす米軍を守るために。。。。。。。。。

« 沖縄レポート 2 米兵凶悪犯罪を断ち切るために | トップページ | 普天間基地ゲート前アクションレポート 海勢頭豊さんの歌 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 普天間基地ゲート前アクションレポート:

« 沖縄レポート 2 米兵凶悪犯罪を断ち切るために | トップページ | 普天間基地ゲート前アクションレポート 海勢頭豊さんの歌 »