2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 福島レポート 4 南相馬市と浪江町にまたがる農場 | トップページ | 福島レポート 6 南相馬市小高区を訪れて »

2012年11月21日 (水)

福島原発災害視察ツアー報告会の案内

ブログでのレポートはまだ途上だが、25日の報告会に合わせてビデオ編集が9割方完成した。カットするのがおしく、約1時間半と長い作品になったが、困難な状況に置かれている福島県の現実の一端を、理解してもらう一助になると思う。

 多くの袋井市民や県内の人に見てもらうため、案内文を作成した(本当は10日前に作成)。

 

福島原発災害視察ツアー報告会

 

時:11月25日(日)午後2時~3時半

 

所:ふらっと (袋井市総合センター南ななめ前。交差点の東側)

 

 

 

 11月7,8,9日、7名で福島県伊達市・飯館村・南相馬市を訪れてきました。宿泊した「みさとユースホステル」は原発から50キロも離れているが、周りには放射能ホットスポットがあり、地区の一部は避難勧奨地区に指定されています。

 

 飯館村は1月に講演していただいた長谷川健一さんの案内で、ご自宅や村役場、多くの方が避難した公民館、村のたんぼや畑、誰も住んでいない家々などを見学しました。

 

 南相馬市では、津波と原発により住むことも復興のメドも立たない小高区に農地と家がある三浦さんの案内で、消防車や車が今もたんぼに残っている海岸部地区や誰も住んでいない町、さらには浪江町との境界部で政府の殺処分に従わずに牛を300頭飼育している牧場を見学しました。

 

 マスコミでは報道されない衝撃の実態も知ることができました。宿泊した「みさとユース」には、NHK福島放送局が12月20日午後7時半から放映する「日本紀行」の取材できており、私達が到着して出発するまでの3日間の様子をテレビ取材されるハプニングもありました。

 

 報告会ではビデオ録画ではセミプロの技術を持つHさんが撮ってくれた映像を中心に、私たちが見たこと、聞いたこと、感じたことを、ありのまま伝えたいと思います。

 

 入場は無料。会場「ふらっと」の駐車場が狭いので、総合センターまたは袋井市役所の駐車場を使って下さい。

 

 

 

  浜岡原発を考える袋井の会

 

« 福島レポート 4 南相馬市と浪江町にまたがる農場 | トップページ | 福島レポート 6 南相馬市小高区を訪れて »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

今日、NHKで拝見しました。PCに詳しくないので、これがどのように使われるのかよくわからずに書いてます。私は、2012.3.11東北大での復興支援マンドリンコンサートに参加したのが縁で、こちら福岡・朝倉にて、自宅などで復興支援サロンコンサートを実施している者です。毎年、東北のどこかに出向いて、500円ほどのグッツ(昨年は会津.あきあがりこぼし)を買ってきて、次の年の復興支援サロンコンサートの参加者にお配りしたいます。そういうわけで、今年は、南相馬市に伺おうと思っています(今年は、連れ合いと二人で行きます。今から、連れ合いに相談です)。そのときは、ぜひ、三浦さんにお会いしたいものです。PCの隅々までちゃんと見れば、わかるのでしょうが、連絡先(TEL)をお教えください。

今日、NHKで拝見しました。PCに詳しくないので、これがどのように使われるのかよくわからずに書いてます。私は、2012.3.11東北大での復興支援マンドリンコンサートに参加したのが縁で、こちら福岡・朝倉にて、自宅などで復興支援サロンコンサートを実施している者です。毎年、東北のどこかに出向いて、500円ほどのグッツ(昨年は会津に)を買ってきて、次の年の復興支援サロンコンサートの参加者にお配りしたいます。そういうわけで、今年は、南相馬市に伺おうと思っています(今年は、連れ合いと二人で行きます。今から、連れ合いに相談です)。そのときは、ぜひ、三浦さんにお会いしたいものです。PCの隅々までちゃんと見れば、わかるのでしょうが、連絡先(TEL)をお教えください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発災害視察ツアー報告会の案内:

« 福島レポート 4 南相馬市と浪江町にまたがる農場 | トップページ | 福島レポート 6 南相馬市小高区を訪れて »