2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 福島レポート 1 飯館村の現実 | トップページ | 福島レポート 飯館村の現実 3 この事実を伝えることに迷う »

2012年11月12日 (月)

福島レポート 飯館村の現実 誰も住めなくなった村

原発から40キロも離れて、住めなくなった村

 昨日レポートしたが、長谷川健一さん宅は大きな家だが誰も住んでいない。立派な庭、紅葉がきれいな裏山、広大な畑や牧草地、全てが放射能に汚染された。全村民が避難を余儀なくされている。ときどき留守宅に泥棒が入るので、2日に1回見回りをされているとのこと。

016


025


023
ここから下の写真は村の風景

026
イノシシが増え、たんぼをほじくり返す。

030
山が多い地区だが、比較的なだらかな山なので、このように田んぼや畑が多く、農業に適している。向こうの斜面は観光わらび園。

031
前田区公民館。スピーディーではこのあたりも高濃度に汚染されていることが分かっていたが、公表されなかったので多くの避難民がここに寝泊まりし、長谷川さんたち前田区民は食事を作り世話をした。

043
飯館村小学校。車窓から撮ったのでぼやけているが、まだ新しい立派な学校。子どもたちは福島県内外に散っている。

042
除染実証実験を行っている田んぼと、表土の置き場。向こうの家は新しい建物が多かった。


040


039



038

村長の計画では3200億円をかけて除染をし、村人が帰れるようにしたいとのこと。しかし山の除染は不可能。飯館村の水道水や農業用水は全て村の山に依存している。長谷川さんは、多額のお金をかけても果たして農業がやれるのか懐疑的だった。

 

« 福島レポート 1 飯館村の現実 | トップページ | 福島レポート 飯館村の現実 3 この事実を伝えることに迷う »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島レポート 飯館村の現実 誰も住めなくなった村:

« 福島レポート 1 飯館村の現実 | トップページ | 福島レポート 飯館村の現実 3 この事実を伝えることに迷う »