2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« パソコンの故障 | トップページ | 衆議院選挙に思う その2 »

2012年12月12日 (水)

衆議院選挙に思う

寒々とした思い

 12月に入って気候も寒くなってきたが、日本の政治状況も寒々としてきた。マスコミの選挙予測では、自民党が大幅に議席を伸ばし、政権に返り咲きする勢いだ。

 日本維新の会やら自民党が声高に憲法改正、ナショナリズムをあおる対外的な強行路線を強調している。

 民主党が惨敗するのは自業自得。期待を裏切った結果そうなるのは当然。問題は民主党に期待して投票した票が、どこに流れるかだ。

 冷静にこれまでの日本の政治を考える人は、自民党回帰はありえないと思う。原発を推進し、官僚機構を肥大化させ、借金を積み重ねてきたのは、ほかならぬ自民党だ。

 安倍さんの顔写真と「日本を取り戻す」と大きく書いたポスターが、あちこち張られている。無責任にも突然辞任した安倍さんには、総理大臣になる資格が無い。他の政党のポスターには、「日本再建」。だれが日本を壊したのだと言いたい。自分たちが住みにくい社会を作って、「とりもどす」だの「再建する」だの、腹立たしい。

 そもそも保守政党が唱える「日本」の中身が問題だと思う。天皇を元首化し、自衛隊を国防軍を位置づけ、軍事大国となる。領土問題で対立関係にある隣国との諸問題は、力づくで押し切る。愛国心をあおるくせに、アメリカには「日米同盟強化」と基地問題はなんら解決できない。

 アジアでの孤立。憲法9条改悪。沖縄の犠牲の固定化。教育への露骨な介入。借金の増大。自民党が大勝したら、その結果は最悪になる。

 

« パソコンの故障 | トップページ | 衆議院選挙に思う その2 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 衆議院選挙に思う:

« パソコンの故障 | トップページ | 衆議院選挙に思う その2 »