2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 祝新成人 | トップページ | 朝鮮学校授業料無償化適用除外の安倍政権は間違っている »

2013年1月15日 (火)

オリンピック誘致問題に思う  ゆずりあいの心

2020年オリンピックはトルコ・イスタンブールにゆずっては

 東京都は石原前知事時代からオリンピック誘致に向けて、多額の税金と人を投入してしゃにむに進んでいる。猪瀬知事も金メダリストを活用して、大宣伝活動を展開している。これまでどれぐらいの公金を費やしたのだろうか?

 僕は二つの理由で、この誘致運動に反対である。一つは、タイトルにも書いたがゆずりあいの心でトルコ・インスタンブール開催のほうが色々な意味で良いと考えている。

 それは何故か。イ)東京は2回目だが、トルコは初。ロンドンオリンピックにも違和感を持ったが、同じ国が同じ都市が何回も開催するのは不公平だ。強い国が、金のある大都市が、大金を投入して宣伝し、立派な設備を作れば何回でも誘致できるとなれば、そうでない国・都市には機会が回ってこない。スポーツを通して国際交流・相互理解、ひいては世界平和にも貢献するオリンピックの精神に反する。

 ロ)国内的には、なぜ東京ばかりなのか? 地方に住む人間として、東京一極集中には不満を持っている。スカイツリー・旧東京駅改修・東京ディズニーランド、演劇、ファッション、報道、政治など、人を集め・文化情報を発信し、政治を主導するのを、何故東京だけでなければならないのか?

 東京都民だけの税金ですべてまかなうならまだしも、実際には僕達国民すべての税金が投入される。それで東京がまた一段と立派な都市になる。不公平だ。

 東京(日本)がトルコにゆずることは、大きな政治的・文化的・社会的な意義がある。トルコとの友好、イスラム諸国との友好に大きく貢献する。トルコはとても親日的な国だ。日本が自発的に2020年開催をゆずれば、トルコの人々は大喜びするだろう。

 残念ながらイスラム諸国でオリンピックを開催した国は未だない。トルコは正教分離が徹底している国だが、国民の多くはイスラム教徒である。治安も良い。経済的にも豊かになりつつある。充分開催できる条件が整っている。

 イスタンブールは東洋と西洋のかけ橋、文化が混ざり合う歴史的な都市である。僕は3回訪れたことがあるが、人々は親切だし、食べ物はおいしく、何よりも文化遺産がたくさんある世界遺産都市だ。

 世界中の人々がトルコを訪れる機会がオリンピックによりもたらされたら、テレビ・新聞・雑誌などマスコミによりイスラム文化圏の生活や感情・文化が広く世界中に伝われば、宗教対立・文化摩擦などが減少し、相互理解に大きく貢献すると思う。

« 祝新成人 | トップページ | 朝鮮学校授業料無償化適用除外の安倍政権は間違っている »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586735/56545023

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピック誘致問題に思う  ゆずりあいの心:

« 祝新成人 | トップページ | 朝鮮学校授業料無償化適用除外の安倍政権は間違っている »