2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2013年度 僕の課題 まだあった! | トップページ | 後援会活動と菅谷昭松本市長講演会の情宣活動 »

2013年1月 6日 (日)

手抜き除染の報道に接して

問題の本質は汚染した犯人・東京電力の責任

 朝日新聞4日の朝刊に、「手抜き除染 横行」の記事が掲載された。楢葉、飯館、田村の3市町村で、除染作業のあたる作業員が土や枝葉、洗浄に使った水を回収せずに川などに捨てているそうだ。

 現場監督が作業員に支持しているケースもあり、悪質である。監督官庁の環境省のいいかげんな対応も問題である。

 しかし僕は怒りを彼らに向けるだけでなく、環境を汚染した犯人の東京電力、さらにはこうした困難な作業を強いる原発そのものに、怒りを向けるべきだと思う。

 例えばAさんが(A社が)、Bさん(B地区)の環境を汚染した場合、元通りににきれいにするのは当然である。地方自治体や国が税金でその作業をするのはおかしい。

 原発は国策とはいえ、あくまでも東電の責任で除染をやるべきだ。果たすべき責任を取らずに、東電は電気料金値上げをちらつかせて原発再稼働を狙っている。

 とことん責任を追及し、賠償と除染を被害者が納得いくまでやらせることが肝心だと思う。それをやらないと、他の電力会社も事故を起こしても後は国が面倒を見てくれるという意識になる。

 

« 2013年度 僕の課題 まだあった! | トップページ | 後援会活動と菅谷昭松本市長講演会の情宣活動 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586735/56479365

この記事へのトラックバック一覧です: 手抜き除染の報道に接して:

« 2013年度 僕の課題 まだあった! | トップページ | 後援会活動と菅谷昭松本市長講演会の情宣活動 »