2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« オリンピック誘致問題に思う  ゆずりあいの心 | トップページ | 生活保護費引き下げに反対する  国民を守らない安倍政権 »

2013年1月16日 (水)

朝鮮学校授業料無償化適用除外の安倍政権は間違っている

民主党政権は無償化適用認定をずるずると引き延ばしてきたが、安倍政権は明確に除外を決めた。そのために文部省に法律改正を命令し、文部省は法律改正にあたってアリバイ的に一般国民から意見(パブリックコメント)を求めている。

 以下の文章は、僕が文部省の担当課にファックスで送った意見です。意見を送ったから変わる(適用認定されるようになる)とは期待できないが、黙っていることは不当な差別を認めることにつながるので、文部官僚の良心に訴えるつもりで文章を作成した。

 

パブリックコメントに対する意見

 

 朝鮮学校だけ授業料無償化適用除外を正当化する規則改正に反対です。子供たち・生徒たち及びその父母にとり、自分たちだけが除外されることがどんなに悲しく・悔しいか、よく考えて下さい。

 

 安倍政権は北朝鮮への制裁強化を強めようとしていますが、文部省は政治的に中立であるべきです。教育基本法にもそれはうたわれています。

 

 あくまでも人道的見地から判断すべきです。私は朝鮮学校の授業参観に参加したことがありますが、基本的に日本の学校と内容は変わりません。他の外国人学校が自らの言語や文化・歴史を教えているように、朝鮮学校も民族教育を行っていますが、それをもって偏向しているとか北朝鮮よりと非難するのは、間違っています。適用除外のための難癖にすぎません。

 

 朝鮮学校を卒業した若者たちは、たとえ国籍が違っても日本社会の構成員であり、税金を払う納税者となります。他の外国人学校に適用されて彼ら彼女らだけが除外されることは、差別にほかなりません。

 

 外国人との共生が当たり前になってきた国際化進む現代にあって、今回の省令改正は全く時代に逆行しています。

 

 どうか現行の規則を改正せず、現行法に基づいて早く適用の判断を下すよう、願っています。

 

« オリンピック誘致問題に思う  ゆずりあいの心 | トップページ | 生活保護費引き下げに反対する  国民を守らない安倍政権 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝鮮学校授業料無償化適用除外の安倍政権は間違っている:

« オリンピック誘致問題に思う  ゆずりあいの心 | トップページ | 生活保護費引き下げに反対する  国民を守らない安倍政権 »