2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 失敗 | トップページ | 日米同盟の深化、ゆらいだ絆を取り戻す? 安倍首相の訪米に思う »

2013年2月21日 (木)

あたり前の生活に感謝

普通に暮らせることのありがたさ

 生きるために空気を吸う。水を飲む。食物を食べる。健康と気分転換に外をウオーキングする。子どもたちなら野外で遊ぶ。夜になったら自分の家で寝る。

あたり前の生活 今まで続けてきた日常生活ができない

 しかしそうしたごく自然なあたり前の生活ができなくなるのが(脅かされるのが)、原発事故であり、戦争であり、中国で深刻になっている大気汚染だ。

 福島の人々は未だに食べ物には気を使わなければならない。小さいお子さんがいる家庭では特にそうだ。祖父母が作った野菜や米でも、安心して食べてよいかどうか迷うそうだ。中にはいらないと断り、人間関係が気まづくなっているケースもあると聞いている。

 昨年飯館村を訪問したが、人々は故郷の自分の家に住むことができないでいる。立派な家や新築したばかりの家もあったが、狭い仮設住宅やアパート暮らしではそうとうストレスが溜まってきていると思う。

 農民は畑や田んぼ、牧場、つまり野外で働くからストレスが溜まらない。心身の健康に極めてよい。ところが放射能に汚染されたため、それを奪われてしまった。東京電力から生活金が出ても、健康に生きることを阻害されてしまっている。

 中国の大気汚染もそうとう深刻だ。大都市ではマスクなしでは外に出れない状況だ。空気を吸う。この当たり前のことを心配しなければならない。

 世界では未だに紛争や戦争、テロで、安心して暮らせない地域や国がある。自宅を破壊され、難民キャンプでテント暮らしをせざる大勢の人々がいる。

不条理・悲しい原因を根本的に取り除こう

 原発事故は日本中どこでも起こりうる。僕たちの静岡県は特に心配だ。安心して生きるために、どうしたら良いのか。答えは明瞭だ。原発を無くせば良い。

 戦争は最大の不幸をもたらす。だったら戦争をしなければよい。大気汚染を防止するには、かつて日本が苦しみそして克服したように、公害防止に本気で金と技術を投入すればよい。

 答えは簡単だが、現実はそう簡単ではない。何が問題なのか?

金儲けを優先させる政治家・企業、そしてそれを支える人々

 いまだに原発を推進しようとする人々は、人の命・健康・幸せよりも金儲けを優先させている。公害防止に力を入れないのも同じ。

 僕たちは、自分たちの命や健康、幸せを守るために、この連中と闘わなければならない。

« 失敗 | トップページ | 日米同盟の深化、ゆらいだ絆を取り戻す? 安倍首相の訪米に思う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586735/56809064

この記事へのトラックバック一覧です: あたり前の生活に感謝:

« 失敗 | トップページ | 日米同盟の深化、ゆらいだ絆を取り戻す? 安倍首相の訪米に思う »