2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 情報 3月9日小出裕章氏と佐高信氏の講演会 | トップページ | 袋井市議議員報酬5%アップをさせないために »

2013年2月13日 (水)

北朝鮮の核実験と核抑止論

 北朝鮮が核実験をしたニュースが世界中を駆け巡っている。日本でもマスメヂアは大きく取り上げ、制裁を強化すべきだとの論調が目立つ。

 もちろん僕も核実験には断固反対であるのは言うまでもない。2年前から袋井市で核兵器廃絶のためのイベントを主催してきた。市の核兵器廃絶平和都市宣言を市民に根付かせるため、地道な活動を続けていくつもりだ。

 北朝鮮が本格的に核武装を強化すれば、東アジアの軍拡が一気に進む。ここでマスコミでは全く触れられていない「核抑止論」について考えたい。

核抑止論に立つ限り、核を持つ国が増える

 核抑止論は米ソ核競争から組み立てられた。その論理はいたって簡単・単純だ。「やられたらやり返す」 「核攻撃するなら、こちらも核を使う」 「相手の主要都市を壊滅できる大陸間弾道弾がいつでも発射できる体制にある。それでもお前は俺を核攻撃するのか? 」

 確かに米ソ、今日では米ロにおいて有効である。甚大な被害を覚悟しなければ、核兵器は使えなくなった。米中でも同じことが言える。

 大国間では核抑止論は有効である。そこで米ロは核軍縮を進めようとしている。すでに相手の主要都市や軍事基地を破壊できる有り余る核兵器を持っているから、財政的にも負担になる余分な核兵器を廃棄しようと、軍縮交渉が進められている。

 そこから「核兵器は使えない兵器だ。非人道的兵器だから、核兵器の使用を禁じる国際条約を作ろう」 と北欧を中心に運動が進んでいる。南米やアフリカ、アジアの多くの国が賛成している。

 人類の理想と良心に基ずくこの運動に反対しているのが、核抑止論に立つ国だ。米・ロ・中を始め、日本もその中に入っている!

 核兵器廃絶を訴えている日本が、核兵器の使用を禁じる国際条約に反対している事実は、多くの日本人は知らない。マスコミが大きく取り上げないからだ。

 核抑止論は、「相手が核兵器を使えば、こちらも実際に・本気で、使う」との脅しで成り立っている。

 北朝鮮が国際的な非難を無視して核開発を進めるのは、核抑止論に基づいている。イラクやアフガニスタンへのアメリカの攻撃、その結果としての政権崩壊を見て、体制維持・政権維持(北朝鮮政府は国家崩壊を守るというが。。。。。。)のためには、「アメリカが攻撃してくるなら、核兵器で反撃するぞ」 「サンフランシスコやロスアンジゼルスの市民を犠牲にしても、攻撃してくるなら攻撃してこい。こちらは捨て身の覚悟だ」、と核抑止論でアメリカに対抗しようとしている。

 恐らく日本維新の会の石原新太郎共同代表や自民党の保守強行派は、本音でこうなったら日本も核武装すべきだと考えているかもしれない。絶対に表に出して言わないだろうが。

 石波自民党幹事長はかつて、日本は原発を止めると核技術の継承・発展ができなくなると、はっきり記者会見で述べている。原発推進の財界や政治家も同じ考えだと思われる。将来の核武装のために、自ら自分の選択肢を狭めない、それは国益に反するとの考えだ。

 韓国でも多分同じような考えの政治家や軍人、財界人が多いだろう。原発推進政策はそのためでもある。

 東アジアの平和構築を考えるためには、北朝鮮への制裁強化だけではだめである。根本的な議論が必要だと思う。

 コメントで多くの方の意見を寄せてください。

« 情報 3月9日小出裕章氏と佐高信氏の講演会 | トップページ | 袋井市議議員報酬5%アップをさせないために »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮の核実験と核抑止論:

« 情報 3月9日小出裕章氏と佐高信氏の講演会 | トップページ | 袋井市議議員報酬5%アップをさせないために »