2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 辺野古埋め立て申請の暴挙 絶対に新基地は作らせない | トップページ | 第4次朝鮮通信使 ソウルー東京 友情ウオーク 静岡県内での取り組み »

2013年3月24日 (日)

竹野昇後援会活動レポート 続き

色々見えてくる戸別訪問活動

 

 昨日で1万2千軒ぐらい回っただろうか。戸別訪問を重ねて、色々なことが見えてくる。一番印象的なことは住宅事情と、そこから想像できる経済格差、貧富の問題などなど。

 うらやましいぐらいの豪邸がある。立派な庭がある。そうかと思えば、古びた木造アパートや、本当に小さな小さな古い家。一戸建てだが、築30年以上もたっていると思われる借家。僕も40年前、妻と子とそうした借家で暮らしたことがあるので、だいたい間取りも分かる。若い世代は絶対にそんな借家に住んでいない。

 正直なところ、みすばらしい家やアパート・借家を訪ねるのは辛い。特に古いアパートや借家は、ただポストにリーフレットを入れるだけの場合が多い。時々これではいけないと自分を叱咤激励し、ブザーを押したり、声をかけて訪問を告げる。

 出てくれるのはほとんどが年配の女性。たまに男性もいる。恐らく乏しい年金生活者だと想像する。僕がこの人たちのために何ができるのだろうかと、考えさせられる。

 空家も目につく。ポストには古びた広告や選挙用リーフレットが入ったまま。一見して空家だと分かる。普通の住宅でも空家がけっこうある。僕の住む地区でもそうだ。色々な事情で出て行ったきり、使われていない。アパートも空部屋が目立つ。管理が行き届いているアパートは、空き部屋のポストにテープが張られ、投函しないでくださいとの表示があるので助かるが、区別がつきにくい部屋もある。外から見ると雨戸が閉められ、洗濯物もなく住んでいる気配が感じられない。

 恐らく大都会だともっと多様な住宅事情だろう。まだ袋井市はいいほうだと思う。大半は持家。我が家は庭付き4Kサイズの袋井では平均的な家だが、似たような住宅が多い。

 色々な意味で袋井市の実態を知るいい勉強をさせてもらっている。

« 辺野古埋め立て申請の暴挙 絶対に新基地は作らせない | トップページ | 第4次朝鮮通信使 ソウルー東京 友情ウオーク 静岡県内での取り組み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586735/57021096

この記事へのトラックバック一覧です: 竹野昇後援会活動レポート 続き:

« 辺野古埋め立て申請の暴挙 絶対に新基地は作らせない | トップページ | 第4次朝鮮通信使 ソウルー東京 友情ウオーク 静岡県内での取り組み »