2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« シルバー人材センターと僕の考えているボランティア活用の違い | トップページ | 町田市が防犯ブザー朝鮮学校配布除外を撤回 »

2013年4月 6日 (土)

おかしい事には「おかしい」と声を上げよう 朝鮮学校防犯ブザー配布除外

これはおかしい! 間違っている!

 昨日(5日)朝日新聞朝刊で、東京都町田市教育委員会が例年新入生対象に防犯ブザーを配布しているのを今年朝鮮学校だけ配布を除外したことが報道された。理由は「政治情勢から市民の理解が得られない。今年はまずい」と判断したと報じられている。

 緊張する朝鮮半島情勢と子どもたちへの防犯ブザー配布中止とどのような関係があるのだろうか? 子どもたち、いや日本に住む在日朝鮮人全てにとり、北朝鮮の政治・体制・軍事問題は彼ら彼女らに何の関係も責任もない。

 高校授業料無償化適用除外に続き、今度は小学一年生に対しての差別に、驚きと怒り、日本人として恥ずかしい気持ち、「これはおかしい! 間違っている!」と、心の底からの感情がこみ上がる。

おかしい事には率直に声を上げよう

 新聞を読んでNTTに電話番号を聞いて、町田市教育委員会に抗議の電話した。担当者によると、同様な電話がたくさん寄せられているとのこと。

 配布差別がなくなるまで、全国から「これはおかしい」と電話・ファックスを集中しよう。

町田市教育委員会総務課

 

 電話 042-724-2172

 

 ファックス 050-3161-7906

« シルバー人材センターと僕の考えているボランティア活用の違い | トップページ | 町田市が防犯ブザー朝鮮学校配布除外を撤回 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« シルバー人材センターと僕の考えているボランティア活用の違い | トップページ | 町田市が防犯ブザー朝鮮学校配布除外を撤回 »