2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 日韓友情ウオークレポート 交流日続き | トップページ | 日韓友情ウオークレポート 吉原から三島まで31キロ »

2013年5月27日 (月)

日韓友情ウオークレポート 清水から吉原まで32キロ

089


088


091


 5月14日は旧東海道でも最高にすばらしい”さった峠”超え。写真では富士山がうっすらとしか見えないが、肉眼でははっきり見える幸運に恵まれた。道中3回も地元の人々による差し入れもあり、思い出に残るウオークとなった。

094


 1回目は興津のNPO法人「AYUドリーム」雨宮さん達が冷たいお茶とアイスを提供してくださった。写真を撮り忘れたのは残念である。上の写真は峠で民団清水支部のフャンヘジャさんと娘さん(左側)がドリンク剤をふるまってくれる様子。

095


 峠を下ると油井宿に入る。寄りたい施設や店、宿がいくつかあるが、32キロの行程上、どんどん進む。いつか妻と二人でゆっくり歩きたいコースだ。

096


 上の写真の白いビニール袋の中には冷凍させたミネラルウオーターが。民団清水支部の青年(前日夜の夕食会にも参加)が差し入れしてくれた。

099


 富士川を渡る。通信使が来ると、幕府は近郷からたくさんの船を集めて、船橋を造った。

101


102


100


 富士市役所の屋上で歓迎を受けた。夕方は曇っていたので、残念ながら写真のような富士を見ることができなかったが、ここからの富士の眺めは素晴らしいとの説明だった。

« 日韓友情ウオークレポート 交流日続き | トップページ | 日韓友情ウオークレポート 吉原から三島まで31キロ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日韓友情ウオークレポート 清水から吉原まで32キロ:

« 日韓友情ウオークレポート 交流日続き | トップページ | 日韓友情ウオークレポート 吉原から三島まで31キロ »