2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 比例区は山城博治(社民)と決めている | トップページ | 吉田昌郎・元東電福島第一原発所長の死と参議院選ーーこれでも原発を止めようとしない政党はダメだ »

2013年7月 7日 (日)

参議院選と沖縄普天間基地辺野古移設問題ーー本土のマスコミ・候補者は無視

自民党は辺野古移設と明記 しかし本土のマスコミ・候補者は普天間基地移設問題を取り上げない

自民党が勝利すれば、確実に強権で辺野古の海を埋め立て、米軍新基地を作ろうとする

その結果、沖縄の苦悩・厳しい闘いが始まる

自然破壊・税金ムダ使い・沖縄の軍事基地強化は日本全体・僕たちの問題

辺野古移設を自分たちの問題と認識した時、だれに(どの政党に)投票するか

 こうして筋道を立てて考えると、僕は山城博治さんになんとしてでも当選してもらいたい。山城さんは沖縄では米軍基地反対運動の象徴的存在である。昨年9月、一時的に普天間基地を封鎖したのも彼のリーダーシップによる。

 昨日の朝日新聞選挙予測では、社民党は1議席確保がやっと、と報道されていた。社民党の順位は1位又市征治幹事長、山城さんは2位となっている。

 このままでは危ない。沖縄に思いを寄せる人たちは、是非『山シロ博治』が当選できるよう、力を貸して欲しい。

 下の写真は昨年10月普天間基地ゲート前座り込みに参加したとき撮った山城さん。

122

« 比例区は山城博治(社民)と決めている | トップページ | 吉田昌郎・元東電福島第一原発所長の死と参議院選ーーこれでも原発を止めようとしない政党はダメだ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 比例区は山城博治(社民)と決めている | トップページ | 吉田昌郎・元東電福島第一原発所長の死と参議院選ーーこれでも原発を止めようとしない政党はダメだ »