2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 核兵器廃絶平和都市宣言に基ずく袋井市での取り組み | トップページ | NHK朝ドラ「あまちゃん」 »

2013年8月25日 (日)

雨・水・原発事故汚染水

雨・水・原発事故汚染水

 本当に久しぶりの雨が我が袋井市に降り注いでいる。大歓迎だ! 7月下旬からカラカラ天気。畑の野菜もぐったり。道楽山に植えた木も5本枯れ死。二日に1回の割合で、植林した木への水やりを続けてきた身には、涙が出るほどうれしい雨だ。

 この雨が集まって、水道水・農業用水・工業用水となる。地中にしみ込んだ雨は地下水となり、ミネラルウオーターとして価値の高いものとなる。

 ところが福島第一原発の放射性物質で汚染された水は、全く違う! やっかいな歓迎されざる水に留まらず、危険な水、人間を含めて生物・動物が体内に取り組めば高濃度に放射性物質が蓄積される有害な水である。

 天然の雨や地下水、海の水もその汚染水が混じれば、やっかいな汚染された水となる。飲むことはもちろんできないし、その水で育った魚介類を食べれば体内に放射性物質を取りこむ。

 福島県の漁業組合は9月に試験操業を予定していたが、最近明らかになった汚染水漏れで、とりやめを発表した。

 雨は局地的に大量に降り、災害を引き起こす。しかし一定量降らないと、人間も含めた生物界は困った事態となる。僕の住む静岡県袋井市はもっと降ってほしい。

 東京電力福島第一原発周辺は、大量でなくても一定量の雨水、いや地下水の水そのものが脅威となっている。

 人類が経験したことがない事態が起きている。このこと一つをとっても、原発はやめるべきだと思う。

 

« 核兵器廃絶平和都市宣言に基ずく袋井市での取り組み | トップページ | NHK朝ドラ「あまちゃん」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586735/58060067

この記事へのトラックバック一覧です: 雨・水・原発事故汚染水:

« 核兵器廃絶平和都市宣言に基ずく袋井市での取り組み | トップページ | NHK朝ドラ「あまちゃん」 »