2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 福島に行こう  福島ツアーレポートその2 | トップページ | 福島へ行こう  福島ツアーレポートその4 »

2013年8月 1日 (木)

福島に行こう  福島ツアーレポートその3

郡山の仮設に避難されている双葉町の方からお話を伺う

 26日、知人の案内で郡山市富田若宮前仮設住宅を訪れた。ここは富岡町・双葉町・川内村から避難されている方々1,000名弱が暮らしている。

058


059


060


 双葉町仮設自治会長・小川さんから約1時間半お話を聞いた。印象に残った事のみ、箇条書きで報告したい。

①自宅は原発から3,4キロ。3.11の時、双葉北小に避難。その時点では深刻な危機感はなかった。その日の夕方、東電の社員の家族は夫から連絡があり、どこかに逃げて行った。

②家族は6人だが、妻と子ども2人は本宮の仮設に。両親は郡山の別の仮設に。自分は親の世話もあり、一人でここに住んでいる。

③仕事はハチを飼っていたが、今は休業状態。戻って仕事を再開するのは無理だと思う。

④この仮設はできて1年半になるが、すでに5名が心不全で亡くなった。

⑤双葉、富岡、川内村の住民はそれぞれまとまって住んでいる。3地区全体が一緒にやるイベントはない。日常的にも横のつながりはない。

⑥仮設に住めるのは26年度まで。そのあとどうなるのかは分からない。

⑦故郷は今も毎時20マイクロシーベルトの線量。山田地区は40マイクロシーベルトもある。

⑧お寺にどろぼう。自分の家もやられた。ねずみが家を荒らしている。

⑨自分の家に帰るのに、10日前に許可申請をしなければならない。

056


057


 上のめがねをかけた人が自治会長の小川さん。下の2人の女性は同じ双葉町から避難されている。

 僕は最後に「何が一番困っていますか?」と訪ねた。

⑩将来の展望が見えない。仮設の期限は来年度まで。故郷へいつ戻れるのか。仕事も含めて、全く先が見えない。宙ぶらりんの状態である。ここではやることもない。

 将来の展望が見えないのは、全ての原発避難者に共通していると思う。地震・津波災害なら、ある程度将来の生活設計はできる。しかし原発事故は今も汚染水もれ、放射能もれ、いつまた爆発するかも分からない状況が続く。故郷に降り注いだ放射能は、完全には除染できない。

« 福島に行こう  福島ツアーレポートその2 | トップページ | 福島へ行こう  福島ツアーレポートその4 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586735/57905225

この記事へのトラックバック一覧です: 福島に行こう  福島ツアーレポートその3:

« 福島に行こう  福島ツアーレポートその2 | トップページ | 福島へ行こう  福島ツアーレポートその4 »