2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« アーサー・ビナードさんのお話 1 | トップページ | アーサー・ビナードさんのお話 3 平和の反対は? »

2013年10月29日 (火)

アーサー・ビナードさんのお話 2 「平和ぼっぱつのお祭り」

平和ぼっぱつのお祭り

006_2


 8月に講演の演題をお願いしたところ、「平和ぼっぱつのお祭り」にしましょうと電話で答えられた。詩人らしい演題だなと思ったが、”ぼっぱつ”に込められたビナードさんの思いまでは考えなかった。

 以下ビナードさんのぼっぱつに関わるお話の要約。 『 ぼっぱつと漢字で書くと、勃発となります。”勃き”の勃です。勃発という意味は何でしょう? (指名して質問。) そうですね。突然起きるですね。僕が日本に来た時、湾岸戦争が起きました。新聞には”戦争勃発”の大きな見出し。当時日本語はあまり分からなかったので辞書で調べると、”勃発”の説明がありました。

 英語では”braek out" . イタリア語でも同様な意味の言葉を使います。しかし、戦争はある日突然起きるでしょうか? 近代戦争はミサイル、戦車、戦闘機、高度な武器を使います。準備なしに戦争を起こすことは物理的に不可能です。

 周到に準備し、あるきっかけを口実に(大義名分・理由)始まるのが近代の戦争です。( 僕の注釈: そういえば昔の戦争も軍備を整え、敵の内情を調査し、周到に準備して権力者は自己の野望のため戦争を始めた! )

 しかし平和は”ぼっぱつ”します。 (ビナードさんは自分が翻訳した絵本「キンコンカン戦争」を全文朗読)  皆が「戦争はイヤだ。止めよう。武器を捨てよう・無くそう。平和がよい。」という気持ちになれば、この絵本のように戦争は止まります。 何の準備も要りません。

 (竹野注釈: ベルリンの壁が崩壊したのは、ある日突然だった! )

 平和

« アーサー・ビナードさんのお話 1 | トップページ | アーサー・ビナードさんのお話 3 平和の反対は? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アーサー・ビナードさんのお話 2 「平和ぼっぱつのお祭り」:

« アーサー・ビナードさんのお話 1 | トップページ | アーサー・ビナードさんのお話 3 平和の反対は? »