2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 沖縄(普天間・高江・伊江島)レポート 17 最終回  | トップページ | 素晴らしかったアーサー・ビナードさんのお話 »

2013年10月25日 (金)

静岡県の反(脱)原発運動は協調・統一に向かいつつある

10.13原発ゼロ統一行動in静岡

 東京では4万人集まった原発ゼロ統一行動は、静岡県でも取り組まれた。写真を入れようと悪戦苦闘しているが、上手くいかない。言葉では説得力に欠けるが、報告したい。

 10月13日午後1時から静岡市常盤公園で集会が開かれ、「浜岡原発を考える袋井の会」として参加した。全体の参加者は約300名。

 嬉しいのは県内反原発団体および個人が、一つの集会(終了後パレード)に参加したことである。準備不足や距離(静岡県は横に長い)の関係で、全ての団体・グループが集まった訳ではないが、党派を超えて一緒に取り組んだことを評価したい。

011


 画像の取り込みがうまく行ったので、写真で紹介する。

013


016


 上は新日本婦人の会のグループ。

010


008


 呼びかけ人の林静大名誉教授。

008_2


 毎週金曜日に静岡市の街頭で金曜行動に取り組んでいるグループ。

017


 仮装した若者も参加する市内パレード。

018


019


 浜松市と異なり静岡市は繁華街に人がたくさん出ているので、訴える効果がある。

019_2


 安倍政権になってから原発推進派が巻き返しを狙っている。中部電力も再稼働に向けて動き出している。そのような中で、反(脱)原発を目指す僕たちが、バラバラに運動していたら力にならない。他県の状況は把握していないが、静岡県では大きなアクションを起こす時、一緒にやろうとの機運が出てきた。

 11月10日には、焼津市に山本太郎さんが来る。夜、山本太郎さんと浜岡原発31キロ圏内反原発団体との交流会がある。また12月7日には袋井市で、第4回31キロ圏内交流会が開催される。僕たち「浜岡原発を考える袋井の会」が当番で準備にあたることになっている。

« 沖縄(普天間・高江・伊江島)レポート 17 最終回  | トップページ | 素晴らしかったアーサー・ビナードさんのお話 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静岡県の反(脱)原発運動は協調・統一に向かいつつある:

« 沖縄(普天間・高江・伊江島)レポート 17 最終回  | トップページ | 素晴らしかったアーサー・ビナードさんのお話 »