2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 沖縄(普天間・高江・伊江島)レポート 8 伊江島その2 | トップページ | 沖縄(普天間・高江・伊江島)レポート 伊江島 矛盾その2 »

2013年10月10日 (木)

沖縄(普天間・高江・伊江島)レポート 9 伊江島の矛盾

伊江島の矛盾

 充分に勉強して行かなかったのが幸い?して、伊江島が抱える矛盾・不思議が始めて訪れた僕に、強烈に見えてきた!

 伊江島訪問の大きな理由は、「わびあいの里」へ行って阿波根昌鴻さんの土地闘争・基地拡張反対運動を学ぶこと、さらに米軍基地の実態を自分の目で見ること、激しいオスプレイの訓練に対して地元の人がどのような考えを持っているかを聞くことだった。

 「あれ! 米軍基地が見えてこない! 」 不思議なことに伊江島の35%が軍用地であるのに(後で知った)基地の姿が見えてこない。車で色々な所を回ったが、島の3分の1以上を米軍にとられているにも関わらず、軍事基地のにおいがしない!

 067


066


 伊江島空港とあるので近づくと、ターミナルは閉鎖され物置になっていた。わびしさがただよう。

066_3


 「立ち入り禁止 沖縄県知事」の標識をみて、ここは沖縄県の所有地かと思った。よくあるムダな空港を作り、利用者がいないので大赤字、やがて閉鎖の典型だろうと想像した。

068
 

 「わびあいの里」で購入した平和ガイドブックを家に帰って読むと、ここはかつては日本軍が土地を接収して飛行場とし、米軍が攻めてくるとき自ら滑走路を破壊、米軍が島を占領すると直ぐ修復して本土空襲に使い、本土復帰以降に返還されている。

 島の中央部の一等地が空き地として放置されている! もったいない! そもそもなぜ県・村は必要もないのに、民間空港を作ったのだろうか? その金(ターミナルの建物と駐車場建設費用)はどこから出たのだろうか?

 この不思議な空港の隣が米軍補助飛行場だが、フェンスもなく農地となっているので自由に出入りでき、全く軍用地とは思えない! 読谷村のように、何故村当局は返還を求めないのだろうか?

 

 

« 沖縄(普天間・高江・伊江島)レポート 8 伊江島その2 | トップページ | 沖縄(普天間・高江・伊江島)レポート 伊江島 矛盾その2 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄(普天間・高江・伊江島)レポート 9 伊江島の矛盾:

« 沖縄(普天間・高江・伊江島)レポート 8 伊江島その2 | トップページ | 沖縄(普天間・高江・伊江島)レポート 伊江島 矛盾その2 »