2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« テレビの垂れ流すウソ | トップページ | 嘘(うそ)の食材表示を「誤表記」とテロップで流すテレビ局 »

2013年11月 7日 (木)

中国脅威論は本当か? 

中国脅威論は本当か?

 ここ数年、中国の経済成長に伴い、中国脅威論が日本の政界・マスコミに横行している。特に安倍政権になってからそれは加速し、国家安全保障会議(日本版NSC)設置法案が今日衆議院で可決される。

 中国の軍拡、尖閣諸島周辺への中国公船パトロールを大きく取り上げ、日米同盟強化・集団的自衛権行使に道を開く憲法解釈改憲・自衛隊の南西諸島配備・海兵隊機能を持つ部隊の創設・オスプレイ導入、そして秘密保護法案と、中国脅威論を振りかざして安倍政権はこれまでの日本の平和政策を大きく転換しようとしている。

 しかし、本当に中国は脅威なのだろうか?尖閣諸島や沖縄の離島を占拠する事態が、本当に生じるのだろうか?

035


 8月に元重慶総領事・瀬野清水氏の講演会が静岡市であり、参加した。

033

 瀬野さんは外務官僚らしからぬ庶民的な方で、なんと中国勤務が10数年。もちろん中国語に堪能。中国に友人も多い。

034
 彼は中国脅威論について、このように話された。「 確かに中国の経済成長に伴い、軍近代化で国防費は増えている。しかし、中国は深刻な国内治安対策問題を抱えている。チベット族・ウイグル族・モンゴル族などの民族問題、貧富の格差・特権層の腐敗・乱暴な開発による立ち退き問題などで民衆の不満がマグマのように溜まっている。

 豊かさに伴う民主化要求・労働者の権利意識の向上などで、中国国内でのデモ・示威行動さらには暴動も激発している。

 日本では報道されていないが、実は中国の治安対策費(警察費含む)は国防費を上回っている。中国は海外で戦争をする余裕が無い。日本と事を構えるのは国益に反することを、指導部は理解している。

 いかに貧富の格差を埋めるのか。国民の大多数の経済状況は発展途上国なみ。それをいかに引き上げるか。独立などの民族問題を抑え込み、民衆の不満の爆発をいかに抑え込むかが、中国指導部の最大の課題である。」

 僕はこの時、治安対策費が国防費を上回る話しを信じ難く思った。しかし瀬野さんの人柄、元総領事がウソをつくはずがないとも思った。

瀬野さんの話しを本当だった!

 今日(7日)の朝日新聞朝刊13面に、昨日起きた山西省中国共産党ビル周辺での連続爆発事件が報道されている。 「中国 党施設狙いテロか」 「今度は地方 政権衝撃」 「住民の不満 制御限界」 の大きな活字が躍っている。

 記事の中に瀬野さんの話しを裏付ける内容が出ていた。 『 全国のデモや暴動を差す「群体性事件」の発生件数は、03年の約6万件から11年は約18万件に激増。「公共安全費」と呼ばれる国の治安維持費も、07年の約3300億元(約5兆3千億円)から12年には7千億元(約11兆2千億円)に膨れ、国防費を越えた。』

 天安門前車突入炎上事件は首都北京の最重要施設で起きた。ウイグル族が計画的に起こした事件と報道されている。そして今度は地方共産党ビル前での事件。おそらく民族問題ではなく、共産党幹部の不正・横暴への怒りであろう。

 政治体制が異なるため、中国国内でもこうした事件やデモ・暴動が正確に報道されていない。まして海外に都合が悪い事実を流出しないよう、情報規制されている。しかしインターネットの普及・民衆の政治的自覚の高まりで、今回のように事件映像が出回るようになった。

 中国にとって最大の脅威は少数民族だけでなく民衆の不満・怒りの爆発である。日本やアメリカではない。

 その中国がどうして日本に侵略することができるだろうか?


 

« テレビの垂れ流すウソ | トップページ | 嘘(うそ)の食材表示を「誤表記」とテロップで流すテレビ局 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

中国に対する認識が甘いのではないですか?
米軍撤退後のフィリピンで何が起きましたか?
現実を見て下さい。

「日本では報道されていないが、実は中国の治安対策費(警察費含む)は国防費を上回っている」無知○出し!自分が知らないからって報道されていない事にしなさんなって。産経なら何年も前から報道してまっせ。朝日は中国にとって都合が悪い事はあんまし報道しないからな。偏ってはいけない見本だね。
んで「中国は海外で戦争をする余裕が無い」理由は?軍事費より治安費が多いから?日本みたいに1000兆円もの借金はないし、毎年の財政も均衡してまっせ。国内が揉めてるから?そんな目先を変えるには戦争が一番!ただ勝てる戦争じゃないと後で酷い事になるから日本に手を出せないだけ。どうにもならなくなれば後先考えずに手を出しますぞ。ベトナムにも手を出して火傷したよね?今回のフィリピンもベトナムも脅せば終わると考えたんだろうけど、アメリカの介入となって失敗。そんなおバカな中国政府が何をするかなんて分かりっこないね。
もう一つ。さっき勝てる戦争ならって書いたけど、勝てそうに無いのは自衛隊が強そうだから。米軍も沖縄に居るから。両方無かったらとっくに沖縄は中国領土だよ。貧しい中国民に沖縄を開放して略奪の限りを尽くされて・・・、地獄絵図だな。目の前にあるバナナに手を出さない猿は居ないのと同じだね。チベットやウイグルがそうだったって知ってる?台湾だって軍隊が居なけりゃとっくに飲み込まれてるしね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国脅威論は本当か? :

« テレビの垂れ流すウソ | トップページ | 嘘(うそ)の食材表示を「誤表記」とテロップで流すテレビ局 »