2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 袋井憲法9条の会の会報 | トップページ | 福島原発被災者の声に耳を傾けよう »

2013年11月13日 (水)

小泉元首相の原発即ゼロ=脱原発に政治の舵を切り替えろ発言を歓迎する

原発に関しては過去を問わない 転向=考えを変えるのは当たり前

 小泉元首相の脱原発・原発ゼロ発言が注目されている。僕は個人的には彼が在任中とった政策・発言は全く評価していない。特にアメリカのアフガニスタン攻撃に対し、世界に先駆けて支持表明したのは大きな誤りであり、日本の経済や労働者の働き方をアメリカ型の新自由主義に転換させた罪は大きい。そのため、今も日本の働く者は苦しい状況に追いやられている。

 この過去は絶対に許せないが、原発を推進してきた側の小泉氏が、核のゴミ処分場を見学し、また福島原発事故から、日本は原発をやめ自然エネルギーにエネルギー政策を転換すべきだと主張していることは、全く正しい。

 袋井市でも「浜岡原発を考える袋井の会」を立ち上げた時、フクシマ以前は原発賛成だったがもうこれからは脱原発であるべきだ、自分が住む故郷をフクシマのようにさせたくないとの思いで、会の立ち上げに積極的に加わってくれた人がいる。

 僕は小泉さんが考えを変えた事を大歓迎している。原発に関しては、政党支持や憲法9条問題は関係ない。1点、『原発はダメ。やめよう。脱原発。自然エネルギーへの転換。再稼働は絶対反対』で一致できれば、どのような立場の人であろうと、過去を不問にして共闘できると考えている。

 今も続く汚染水垂れ流し、除染が進まない現実、いつ故郷に戻れるのか又く希望が持てない現実、メルトダウンした核燃料がどうなっているのかも分からない実態、4号機の燃料プールから核燃料を取り出す作業の困難性、大地震が来れば3.11を上回る大災害が起きる恐怖、海の汚染、などなど福島原発事故がもたらした深刻な現実を正視すれば、考えが変わってあたり前。

 この状況を無視して、原発再稼働・推進・輸出を主張する安倍総理や自民党議員、電力会社の幹部、経済界のトップのほうこそ、狂っている。過去の過ちから何も学ばない哀れな人たちだ。この点、小泉さんの方が賢明だと思う。

« 袋井憲法9条の会の会報 | トップページ | 福島原発被災者の声に耳を傾けよう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

過去の過ちから学ぶって事は、原発だと脱原発になるの?じゃあ先生が英語の授業で間違えたら脱先生ってこと?普通は間違えないようにもっと勉強するんじゃない?人間には間違いがあることを前提にしたら誰も先生なんかできないよ。てことは学校が成り立たないけどそれでも?車は事故を起こし続けているし、飛行機も落ちるし、船も沈むし、それでも脱と言わないのはどうして?先生もこのブログで間違いを沢山書いているけど、脱人間しないの?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 袋井憲法9条の会の会報 | トップページ | 福島原発被災者の声に耳を傾けよう »