2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 特定秘密保護法を廃止するために | トップページ | 自然界と人間界(特に政治の世界) »

2013年12月 9日 (月)

海上自衛隊の組織的秘密隠ぺい体質  秘密保護法を無力化するためにアクションを起こそう

隊員の命を守れない 不都合を秘密として組織的証拠隠滅を図ろうとする海自の秘密隠ぺい体質を放置しない事が、悪法を無力化することにつながる

 12月8日、きしくも旧日本軍による真珠湾攻撃の日に、朝日新聞が以下の記事を掲載している。

 『 護衛艦「たちかぜ」乗組員の自殺に絡み、「いじめを示す調査文書が隠されている」と内部告発した3等海佐(46)に対し,海自が懲戒処分の手続きを始めた。遺族らに「捨てた」としていた海自は告発後、原本が見つかったと謝罪していた。特定秘密保護法で行政機関の情報隠しが懸念される中、秘密でもない文書への内部告発まで委縮させる隠ぺい体質が、改めて浮かび上がった。』

 『 海自の現役事務官も、遺族が国を相手に起こした訴訟で「上司から『捨てろ』と命じられた」とする陳述書を提出している』

 『 事務官は別の上司に相談したが、やはり「捨てろ」と指示された。「あれは『ない書類』だ。あってはならない書類だから」

 だが事務官は「やはり破棄できない」と判断。さらに別の上司に報告し、原本はかろうじて遺族側に開示された。』

 恐ろしいニュースである。海自も含め自衛官のいじめによる自殺は近年年間80人から100人と言われている。僕も航空自衛隊浜松基地所属自衛官いじめ自殺裁判に関わったからよくわかるが、軍隊はそこで働く真面目な人間を守らない。不都合が生じると組織的に隠そうとする体質がある。わが身と組織を守ることを優先し、隊員や家族の人間としての尊厳・人権を無視する。

 しかし中には「これはおかしい!」と、いじめを立証してくれる立派な隊員もいるのは事実である。浜松の訴訟では勇気ある隊員の証言もあり、勝訴した。

 たちかぜ裁判でもこの3等海佐および事務官は勇気ある告発・証言をしてくれている。しかし、海自はそのような人間を組織の邪魔者として処分しようとしている。事務官への処分の動きについては記事にないので分からないが。

 事実を事実と社会に明らかにした人間に、不利益を与え、結果として組織に居り辛くさせる。民間会社でもよくあることだが、軍隊でのこうした行為は社会に与える影響が全く違う。国家・社会の大きな損失・欠陥に直結する重大犯罪である。

 防衛省の幹部や政権トップは、『国民の命を守るため』、という言葉を好んで使う。秘密保護法案の審議でもそうだった。『国民の命と財産を守るため、日米軍事同盟強化、防衛費増が必要』とも

言う。

 同僚の命の尊厳を守り、安心して働ける職場にしたいと勇気ある内部告発した人間を、処分するのはみせしめである。このようなことをしたら組織が許さないと。

 秘密保護法でひっかけられたら、最長10年の懲役刑である。今後、いじめ自殺にからむ内部文書でも秘密指定されるかもわからない。不都合な事実は全て特定秘密として、絶対に組織の外に漏れないようにする。

 太平洋戦争でもアメリカの総合的工業力と日本のそれとの比較情報が、開戦を決定する会議に出されず、アメリカをみくびって愚かな戦争を始めたことが明らかになっている。

 軍による情報隠しは国家の存亡・国民の命と財産にも直結する。3等海佐への処分を許せば、海自の情報隠しはますます悪質化・増大するだろう。

 全国から、海自に処分をするな、と抗議のメールや電話・ファックス・はがきを送ろう! 

はがき 162-8803 東京都新宿区市谷本村町5-1  防衛省海上自衛隊 海上幕僚監部

メール mso-cadv@inet.msdf.mod.go.jp

電話 代表 03-3268-3111

 *ファックスは104に電話して聞いたが「ない」とのことだった。意図的にファックス情報を隠している。

« 特定秘密保護法を廃止するために | トップページ | 自然界と人間界(特に政治の世界) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

イジメを無かったこととして組織的証拠隠滅を図るのは警察にも有ったはずだし、小中校や教育委員会じゃしょっちゅうだね。つまり日本人の体質?それとも公務員のか?子供相手の方が普通なら罪は重いが、確かいつも教育委員会を弁護してるよね?それってこの内容と矛盾しない?

10年の懲役なら軽いものでしょ。中国じゃ最高は死刑だもん、まだ甘いのかも。しかも司法は党の下にあるから完全に党の言いなり。そんなお国と対峙しているんですから、備えはしっかりとね。元先生も玄関のカギは掛けるでしょ?PCにもパスワード設定するでしょ?それが理想と現実の差。分かってる?
何処かにも書いたけど、マッカーサーはモナコでも宣戦布告するって言ったハルノートでっせ。そげなもの突き付けられたら相手の総合的工業力なんか関係ないっしょ?1回殴ってやらなきゃ気が済まんてこと。そのついでに植民地解放も。そんな戦争の何処が愚かなんだろ?そんなことした立派なお国って他にある?共産党も解放したって?あんなの嘘っぱちじゃん。収容所、密告、変死、大虐殺なんでもありの地獄だったよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 特定秘密保護法を廃止するために | トップページ | 自然界と人間界(特に政治の世界) »