2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 映画「ひまわり」掛川上映会とホームページ | トップページ | 辺野古埋め立て承認を知事がしないよう要請するアクション »

2013年12月15日 (日)

沖縄辺野古埋め立てを知事が認めないように 僕たちにできること

政府沖縄予算「満額」3400億円

 今日の新聞に政府は沖縄県の要求どおり3400億円を予算に計上するとある。仲井真弘多知事に、辺野古埋め立てを承認させるエサ・アメであるのは、誰の目にも分かる。

 自民党沖縄県連・国会議員を屈服させ、次は金で知事を落とす戦略である。那覇空港第二滑走路整備事業を含む公共事業費1417億円。沖縄振興一括交付金1671億円。沖縄科学技術大学院大学関連198億円。北部振興事業50億円など。

 辺野古新基地建設費は、5000億円とも7000億円ともいわれている。沖縄県の高校生就職内定率は確か50%以下。県民所得は本土の6割。土木・建設業界はこの大金が落ちることを歓迎している。

 仲井真知事は12月末までに決断するだろうと言われている。1月名護市長選で稲嶺さんが勝ってから承認の決断を出せば、県民から総スカンをくうのは分かりきっている。

 冷静に考えよう。先ず沖縄県の立場で。沖縄の経済は主として観光産業で成り立っている。土木事業は一時的に経済の活性化を生み出すが、終わればしぼむ。沖縄海洋博がよい例である。

 ジュゴンが生息する辺野古の海は、沖縄の財産。大浦湾は魚介類の宝庫。あのきれいな海を埋め立て、オスプレイや戦闘機が飛び交い、軍港まで作られれば、沖縄北部の観光は台無しになる。

 アメリカ議会では海兵隊の役割を見直す動きが進んでいる。一たび戦争が起きたら、中国や北朝鮮にあまりにも近すぎるので、真っ先に攻撃される。21世紀の戦争は海兵隊がまっさきにかけつける戦争のシナリオは無い!

 財政難で軍事予算の削減も進んでいる。良識ある元政府高官や軍幹部は、海兵隊の縮小・アメリカ本土移転を主張している。海兵隊幹部はだからこそ必死で辺野古新基地を欲している。

 新基地ができれば、永久に沖縄から海兵隊が撤退しない。嘉手納以南の軍事基地は縮小されても、嘉手納・辺野古基地は海外における重要拠点となり、米軍は容易に手放さない。

 沖縄戦は日本軍が居たから起きた。日本軍が居なかった離島では戦闘が無く、誰一人死んではいない!

 知事が辺野古埋め立てを承認すれば、永遠に沖縄は戦争の被害に遭う恐れがある。これが沖縄のためになるだろうか?

 本土の我々にとっても新基地建設は不利益・不幸をもたらすのみ。まずお金。借金1000兆円にさらに借金がかさみ、国の会計は破たんの恐れあり。軍事費のみ増え、福祉や医療・生活予算は、ますます苦しくなる。

 安倍政権は日米軍事同盟強化・自衛隊増強・海外での武器使用拡大・集団的自衛権行使・武器輸出三原則撤廃・オスプレイや無人機の導入・海兵隊創設などなど、軍事大国・戦争ができる国作りを急ピッチで進めている。

 おそらく将来的には辺野古新基地を自衛隊が米軍と共に使う戦略を持っているだろう。果たしてこの道は僕たちに平和と幸せをもたらすだろうか?

 どう考えても否である。沖縄では知事がこれまでの発言(公約)を翻さないよう、県庁前座りこみや、知事への電話・ファックス・はがきでの要請行動が取り組まれている。僕も明日から沖縄に行く。

 どうか多くの人が知事に埋め立てを承認しないでと、色々な手段で要請してほしい。送り先は以下の通り。

はがき 900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 沖縄県知事公室秘書課

電話 098-866-2080

ファックス 098-860-1453

« 映画「ひまわり」掛川上映会とホームページ | トップページ | 辺野古埋め立て承認を知事がしないよう要請するアクション »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

沖縄が中国になったらゴミだらけのまっ黒い海になるよね。それとも高級党員のためのレジャーランドかな?それなら綺麗なままだが、中国が引っくり返ったら最悪だよ。まあ地政学的には中国もあそこを軍事基地にするから、レイプだの墜落だのは多くなるね。
「21世紀の戦争は海兵隊がまっさきにかけつける戦争のシナリオは無い!」なら、駆けつけもしない海兵隊を攻撃するのは無駄だな。逆に真っ先に駆けつけるならグアムに居ても同じ。ミサイルは何処でも届くんです。知ってた?
「良識ある」元先生と同じ意見の人は褒めて貰えるんだ。
「新基地ができれば、永久に沖縄から海兵隊が撤退しない。・・・嘉手納・辺野古基地は海外における重要拠点となり、米軍は容易に手放さない」酷い日本語。永久に撤退しないなら、「絶対」に手放さないんじゃないかしら?沖縄を攻撃したことや、日本軍もそれを承知して守ったことや、それ以来、軍事基地がある事が、沖縄の地政学的な重要さを示ているの。お分かり?
「沖縄戦は日本軍が居たから起きた」そんなら大東亜戦争はアメリカがあったからおきたんだし、真珠湾攻撃は米海軍がいたから起きたんだし、強盗殺人は住人がいたから起きたし、レイプは女がいたからだし、教師による教え子への虐待は教え子がいたからとなるよ。そんなんでいいの?
「日本軍が居なかった離島では戦闘が無く、誰一人死んではいない!」見て来たような嘘を言い、だね。念のため上陸前に攻撃するから、誰一人死なないだなんて言える筈も無し。田舎でも子供でも戦闘機からの機銃掃射を受けたって話しはごまんとあるぞ。
「沖縄は戦争の被害に遭う恐れがある」忘れっぽい人です。安保条約でなんて言ってた?日本が戦争に巻き込まれるって言ってたよ。戦争になれば被害は沖縄に留まらないね。命中率が低いミサイルじゃ袋井だって分からないよ。米軍基地があるのも大本は安保条約。そっちの破棄を言うべきでしょ?
「国の会計は破たんの恐れあり」ホント心配ですよねぇ。
「軍事費のみ増え」嘘ばっかり。減り続けていたんですがね。
「福祉や医療」元先生達がたっぷり貰っているからで、返上しましょうよ。
「軍事大国・戦争ができる国作りを急ピッチで進めている」そりゃ攻められても守れないんじゃ国が無くなっちゃうよ。年金も健康保険も無くなるし。良いの?大体、元先生の理屈だと戦争を出来ない筈の中国がなんで「軍事大国・戦争ができる軍隊作りを急ピッチで進めている」のかな?「戦争できる国」であるのは建国以来のものですが、その無駄を教えて上げなさいな。
「どう考えても否である」だから根拠は?

海賊に襲われそうになったのも、海自に守って貰ったのも、自分達があんな所に居たからだな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 映画「ひまわり」掛川上映会とホームページ | トップページ | 辺野古埋め立て承認を知事がしないよう要請するアクション »