2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 特定秘密保護法案を廃案に! | トップページ | 戦後最悪の政権与党、自民党・公明党 特定秘密保護法成立に負けない粘り強い運動を »

2013年12月 6日 (金)

特定秘密保護法案、委員会強行採決に抗議  本会議前の議員への訴え

自民公明は民主主義政党ではない 強行採決に抗議する

 

 数で押し切る。これは議会制民主主義の名前を借りた強権政治だ。第三者機関の性格や位置づけなど、全く論議されていない。

本会議を前に、九州・沖縄の議員への訴え

 

参議院議員の良識に訴えます

 

特定秘密保護法案は廃案にしてください!

 

 

 

 特定秘密保護法案は様々な問題・危険性があり、参議院では充分審議が行われていません。今日の本会議で強行可決するのは参議院の存在価値を無くします。

 

 採決強行は民主主義に反します。参議院は良識の砦。色々な角度から法案の問題点を論議し、特に秘密指定の妥当性を検証する機関の論議は全く不十分です。修正案も時間を十分にかけて議論すべきです。ここは審議未了でいったん廃案とし、来年度しきりなおしの議論を望みます。

 

 日本の民主主義を左右する重要法案であるがゆえに、拙速は禁物。現在の秘密保護の措置でも充分漏えいを防ぐことが可能。今国会で可決しなければ日本の防衛・安全上、著しく支障をきたすものではない。数の力でごり押しするのは、後世に禍根を残し、日本の民主主義を破壊するものです。

 

 法案の内容そのものに大きな問題点があります。

 

イ) 税金で食べている公務員が税金を使って集めた情報は、全て公開が原則。秘密にするのは官僚・権力者のおごりであり、主権在民に反する。

 

ロ) 主権者である国民に最長60年も公開しないとは、許し難い。これでは歴史の検証ができない。

 

ハ) 秘密指定が妥当かどうか、第三者のチェック機関がない。内閣府に置くと政府が言っている機関では官僚が官僚をチェックするもので、意味をなさない。

 

ニ) 秘密指定の範囲があいまいで、拡大解釈で何でも秘密指定にできる。

 

ホ) 秘密漏えい懲役10年の罰則は、正義感からこの情報は国民に開示すべきだと考える公務員を委縮させ、内部告発をできなくさせる。なんとかして情報を得ようとするジャーナリストも逮捕処罰される。結果として国民の知る権利を侵害し、健全な社会の発展をも阻害する。

 

以上の理由から、危険極まるこの法案には反対して下さい。衆議院と同じやりかたでは、参議院の存在価値がなくなります。

 

 以下の議員にファックスで上記の要請文を送った

福岡県  大家敏夫 大久保勉 松山政司 野田国義

佐賀県  福岡たかまろ 山下雄平

長崎県  金子原二郎 古賀友一郎

熊本県  松村祥史 馬場成志

大分県  足立信也 磯崎きょうすけ

宮崎県  松下新平 長峯誠

鹿児島県  野村哲郎 尾辻秀久

沖縄県  島尻安伊子 糸数慶子

 これで全参議院議員(一部送れなかった所もあるが)に廃案を求める要請文を送った。党の方針に背いて、自己の良心に従う議員が出ることを祈るばかりである。東京都の山本太郎事務所には別の用件で連絡を取る必要があり、早い段階で要請文を送ってある。

 今日の午後の本会議でどうなるか。本当は国会包囲デモに参加したいが、明日の浜岡原発31キロ圏内市民交流会の資料を作成・印刷しなければならないので、家でできることしかできないのが悔しい。

« 特定秘密保護法案を廃案に! | トップページ | 戦後最悪の政権与党、自民党・公明党 特定秘密保護法成立に負けない粘り強い運動を »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

大変お疲れ様でした。後は結果をお楽しみに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 特定秘密保護法案を廃案に! | トップページ | 戦後最悪の政権与党、自民党・公明党 特定秘密保護法成立に負けない粘り強い運動を »