2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 名護市長選勝利は、辺野古新基地建設を阻止する一歩だ | トップページ | 辺野古新基地建設を断念させるために 続き »

2014年1月21日 (火)

名護市長選結果を日本政府は無視 これへの反撃を

露骨な日本政府への怒りをばねに

 今日沖縄防衛局は辺野古移設のため入札業者選定の公告をした。名護市民が辺野古移設にNO.の民意を表してから、わずか二日後だ。

 安倍首相や小野寺防衛大臣、菅官房長官も、名護の選挙は地方選挙であって、辺野古移設には全く影響しないと、言明している。

 石破幹事長は500億円の名護振興交付金はスエマツ候補の政策実現のために考えたもので、稲嶺市長の考えが分からないので、無かったものにするという意味のことを述べている。

 露骨な沖縄差別、民意無視である。例えば本土の静岡県でオスプレイの基地を御殿場市に作る場合、御殿場市長選でその是非が問われた場合、オスプレイ受け入れ反対の市長が当選しても、政府は地元の民意を無視してキャンプ富士にオスプレイ用ヘリパッドや格納庫建設を強行するだろうか?

 絶対にありえない。岩国でも三沢でも地元の市長選の結果を尊重するだろう。今、日本政府がやっていることは、完全な沖縄差別、民主主義の否定である。

 僕は辺野古新基地建設反対運動の大義にこの問題を据える必要があると考えている。沖縄県民は皆そう思っている。本土でこの認識を広めることが大切だと思う。

 実は昨日、その世論を形成するために、2つの新聞社に投稿した(内容は少し変えてあるが)。明日掲載されていなければ、無視されたことになるが、しかし諦めずに別の新聞社に投稿する積りである。

 政府はおかしい! 名護市民の選択を尊重せよ! このキャンペーンを色々な手段で広げていこう。

 

« 名護市長選勝利は、辺野古新基地建設を阻止する一歩だ | トップページ | 辺野古新基地建設を断念させるために 続き »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

そこになければダメならそうするでしょう。しかし反対派は選挙で負けたら大人しく受け入れたの?やっぱり実力行使するんじゃないの?成田が良い例ですな。勝ったからそう言ってるのよね。県知事もOKした事はどうなの?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名護市長選結果を日本政府は無視 これへの反撃を:

« 名護市長選勝利は、辺野古新基地建設を阻止する一歩だ | トップページ | 辺野古新基地建設を断念させるために 続き »