2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 沖縄レポート 6 最終回 標的の村 | トップページ | ジェームス・三木 袋井講演会のために »

2014年1月 8日 (水)

袋井憲法9条の会 2014年活動開始

今でしょうー袋井憲法9条の会2014年活動開始

 これまで原発に重点をおいて活動してきたが、安倍政権の暴走を食い止めるため、9条の会の活動も原発同様力を入れる事にした。

 昨日下記の案内文を作成し、今日は会員の自宅に配達して回った。

 

袋井憲法9条の会 会合案内

 

時:1月16日(木)13:30~15:00

 

所:勤協2階会議室

 

協議内容

 

 新役員(代表・事務局長・事務局役員)

 

 会の財政(会費をとるかどうか、またはカンパか?)

 

 会報

 

 今後の展望をみすえての今年度の活動

 

 

 

 安倍政権となり、自衛隊増強・武器輸出のなしくずし的緩和・海外の企業と武器の共同開発製造・集団的自衛権容認・敵基地攻撃能力を持つミサイル保持の検討・海兵隊の創設準備・オスプレイ配備準備・日米軍事同盟強化・教科書検定や君が代を歌うことを教師に強制し道徳教育の科目化にみられるような教育の国家統制・天皇制イデオロギーの浸透・靖国神社参拝と、実質的に平和憲法の精神が踏みにじられ、解釈改憲が進んでいます。

 

 

 

 そしてその仕上げとしての憲法改悪が政治日程に上っています。このような戦前回帰の危険な状況を何もせず座視することは、とてもできません。憲法9条の会を立ち上げたのは、このような状況を予測し、それを阻止するためでした。 『今でしょう!』 

 

 

 

 鈴木玄六さんの意志を受け継ぎ、袋井の地でねばり強い運動をするため、会の新体制を確立したいと思います。どなたでも参加できますので、ご出席宜しくお願いします。

 

 

 いわゆる活動家は少ないが、自分が住む地域で地域の人から信頼される粘り強い運動を続けたいと願っている。

« 沖縄レポート 6 最終回 標的の村 | トップページ | ジェームス・三木 袋井講演会のために »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

自分達の思う通りの国って言うか支那様が望む通りの地域にしたい元先生達の運動は、今の日本に対して全て反対だそうですんで、つまり反日集団ですよね。少数派が多数派を支配しようとするから独裁でしょ?そんな運動でも支那のように国家転覆罪で逮捕もされない日本。自分達が目指す国になっていないから自由に発言できるこの不思議。

「平和憲法」も、攻められても守ってはいけないとまでは要求してるはずはないとして、だからあの条文でも最高裁が自衛権を認めているのに、それにも反対と。と云う事は三権分立も認めてなくて、要は民主主義に反対ってことよね。ほらやっぱり独裁だ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 袋井憲法9条の会 2014年活動開始:

« 沖縄レポート 6 最終回 標的の村 | トップページ | ジェームス・三木 袋井講演会のために »