2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« さだまさし原作映画「サクラサク」を観て | トップページ | 残業代ゼロ?  »

2014年4月22日 (火)

集団的自衛権行使を国会の事後承認に?

今朝の新聞(朝日)に、「事後承認での行使検討」という見出しの記事が出ている。「安倍内閣は、集団的自衛権行使について、国会の事前承認がない場合でも可能にする方向で調整に入った」とある。

 とんでもない! そもそも憲法を改正せずに、自国が攻撃されてもいないのに、米軍とともに戦争はできないはずだ。軍隊を動かすのに、時の政権の判断でできるようになれば、まったく歯止めがなくなる。

 閣議決定で行使容認とか、事後承認も可とか、安倍政権はめちゃくちゃだ。与党内部や自民党内からも異論が出ていると記事にあるが、立憲主義の立場に立てば当然である。

 もちろん、これは検討段階であるが、このような議論が出ること自体、国会無視、国民無視の表れである。きな臭い芽は、早く摘み取る必要がある。

« さだまさし原作映画「サクラサク」を観て | トップページ | 残業代ゼロ?  »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

今現在、攻撃が行われようとしているとき
「国会をいちいち招集して、代表質問して論議してそののち参戦を決める」
なんてやっている暇あるとでも思っているんだろうか。

警察官が目の前で犯罪が行われているのに
「現行犯逮捕の権限は、容疑者の人権のために許さない」
なんてなったらどうするの?

そもそも
「違憲とわめいていた海外派兵」
だったのに、その違法に派兵したはずの自衛隊に

「守ってください。海賊怖いです」


って泣きついたのは誰?
全然説得力ないんだけど。

仮の話ね。

あなたが外国で船舶に乗っているとき、凶暴な海賊に襲われそうになった。
その船は近くにいた軍艦に助けを求めた。


軍艦からの回答。


「我が国は、自国民以外の救出に武力を使う場合、国会を召集して承認を得なくてはなりません。ですのでやろうと思えばあなたを襲っている海賊を一撃で撃破できますが、我が国の国会が許可をしていないのでできません。見殺しにするけど許してね」

って言われたら、あきらめますか?

というか、ピースポートは、自衛隊に
「そういう風にふるまえ」
ってわめいていた奴らの船ですよね。

日本さえ攻撃されなければ他国はどうでもいいんですか?
平和に関する活動をされている割には冷たいんですね。

大体今は。

日本に向かって侵略しようとしている国の軍隊を、
友好国の軍隊が発見して交戦になった場合。

「自国への侵略を未然に防ごうとしている人を見殺しにする」

しかないことはどう考えますか?

コメント楽し過ぎ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586735/59511104

この記事へのトラックバック一覧です: 集団的自衛権行使を国会の事後承認に?:

« さだまさし原作映画「サクラサク」を観て | トップページ | 残業代ゼロ?  »