2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 集団的自衛権行使や自衛隊の武器使用拡大を国民に認めさせるために、北朝鮮の脅威を過度に煽り立てている | トップページ | 新パソコン  恐る恐る »

2014年4月14日 (月)

集団的自衛権行使を主張する立場の人たちは、沖縄犠牲の上に論理を展開

 昨日(4月13日)、沖縄の米軍基地問題を考える映画「ひまわり」を掛川市生涯学習センターで開催した。僕も「ひまわりを観る会」の事務局として、関わった。約500名の方が観てくださった。

 集団的自衛権行使を主張する人たちは、沖縄がすっぽり抜け落ちている。表現を変えれば無視。その立場の政治家・学者・評論家らがよく主張する「日本の存立」「日本の安全」「国民の生命と財産を守る」「世界平和に貢献」という言葉の背景には、沖縄の現状を固定化、さらには日米同盟強化のため辺野古新基地建設が必要という考えがある。

 テレビや新聞のこの問題での記事やコメントも、沖縄米軍基地固定化・強化の問題に全く触れていない。

 集団的自衛権をめぐる論争で一番重要なキーワードは、軍事力で平和を守るのか、それとも他の手段でか、という点だと思う。

 憲法解釈を捻じ曲げてまで行使できるようにすべきという立場は、古典的な「強大な軍事力が平和・国を守る」との固定観念にとらわれている。この立場からは、米軍基地被害に苦しむ沖縄が全く見えてこない。いや地政学的に沖縄が軍事拠点として重要である、自衛隊も今以上に配備すべきということになる。

 実際に那覇基地に尖閣警備の名目で航空自衛隊の戦闘機が増強されることが正式に決まっている。中国軍が離島を占拠するかもしれない、離島を守るため陸上自衛隊を離島に配備する準備が進んでいる。海兵隊的な機能を持つ部隊を創設しようとの声が自衛隊内部で出ている。

 安倍政権は、本気で辺野古新基地建設を着々と準備している。前回海上での阻止闘争で建設断念した失敗を教訓として、僕たちが海上での調査阻止行動ができないよう、地元の船100隻を監視船として借り上げる準備をしている。海上保安庁の船、状況に応じて海上自衛隊の艦船まで、出動させる準備が裏で進行している。

 力でなんとしても新基地を作る、この力の論理は、集団的自衛権行使の論理と共通している。米軍と共同で、中国を封じ込める、北朝鮮を抑え込むには、敵をはるかに上回る軍事力とそれを円滑にする体制が必要との論理である。

 東西冷戦・米ソ対決時代にもどる時代遅れの論理だと思う。力のバランスが必要と、双方の核戦力強化・軍事力増強合戦は、もう終わった。

 21世紀は新しい発想で、新しい手段で、平和を構築すべきだ。それには日本国憲法9条の精神・理念がぴったりだと思う。際限のない軍拡・不信感と敵意の増幅から、軍事費を抑制し、互いの国民が経済的に豊かになる道を模索すべきと考える。

 特に沖縄の平和と経済を考えると、集団的自衛権の発想はマイナスである。中国・朝鮮半島・東南アジアに近い沖縄にとり、平和な環境は絶対的に必要である。基地経済は沖縄を豊かにしないことは、歴史的に証明されている。

 

« 集団的自衛権行使や自衛隊の武器使用拡大を国民に認めさせるために、北朝鮮の脅威を過度に煽り立てている | トップページ | 新パソコン  恐る恐る »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

で、その犠牲を大量に生み出している自衛隊に
「海賊怖いです、助けてください」
って泣きついたのは誰?

で、泣きついて助けてもらったってことは
「犠牲に加担した」
ってことですよね。

その辺、どうなんですか?
きちんと説明しない限り、何を言っても
「どの口が言う!」
の世界ですよ。

あなたの言っていることにはまるで具体性がないから、
誰もついて来ないんです。

「21世紀は新しい発想で、新しい手段で、平和を構築すべきだ」
とおっしゃいますが、そんなことは紀元前からローマの政治家、哲学者が
考えていたことです。
新しい手段とは一体なんですか?
憲法9条の精神といいますが、それで世界の紛争を止めるロードマップを示してください。
それともそれは人任せなんですか?

第二次ポエニ戦争のとき、前の戦争の惨状を知るローマは
戦争回避のためあらゆる手段をとりますが、
結局ハンニバルの侵攻を許し、大損害を受けました。

第二次大戦直前、戦争回避のため譲歩を続けるイギリスに対し、
ドイツはついにポーランド侵攻を開始。
時のイギリス首相チェンバレンの
「ドイツが撤退しなければ、我々は戦争をすることになります。
数々の平和への尽力が水泡に帰し、痛恨の極みであります」
という悲痛な演説は、一次大戦の痛みを知るヨーロッパ人の叫びです。

アメリカの朝鮮戦争慰霊碑に刻まれている
「Freedom is not Free」には、
「ただし、その対価の多くは海兵隊員の血によって支払われている」
という続きがあります。
第二次大戦の記憶が新しいアメリカ国民が
悲痛な面持ちで、泣き叫ぶ家族を振り払いながら
出兵していく沢山の映像が残っています。

軍事力以外で平和を維持できる方法は人類の悲願であり、
生物が個々の問題解決に牙、爪、角を伸ばすことで対策してきたことを考えると、
あらゆる生物の究極の問題でもあります。
人類の歴史は戦争とそれを回避しようとする努力の繰り返しです。

北朝鮮が更なる核実験の兆候を出していますが、
今すぐやめさせる具体的な方法を是非教えてください。
ウクライナでは一部で銃撃戦さえ始まっていますが、
今すぐやめさせる具体的な方法を是非教えてください。

そうすれば、誰もがあなたの言葉に耳を向けるでしょうね。

自分達の論理矛盾を判ってますか?鳩山の「辺野古は県外」に賛成していたんじゃないの?県外に出ても力は残るのよ。「移す必要も無い、無くせ」とは言わなかったもんね。沖縄から無くなれば良いだけじゃ「強大な軍事力が平和・国を守る」との固定観念にとらわれているのは自分達も一緒ってことじゃないの?完全に無くなっちゃ「自衛隊さん助けて」みたいなことを言えなくなるから、やっぱり無くすのは心配と。殺されちゃうかもしれなければ助けてくれるのに方法は問わないんだもんね。いつもと言う事が違っても知らんぷり。お気楽なもんです。
「米軍基地被害に苦しむ沖縄」だって?恩恵もあるのにね。街の真ん中に基地を作ったとお考えかい?基地の周りに町が出来たのよ。なんで集まったのかな?被害に苦しむ小学校があるのに、僻地への基地の移転は許さないってどう云う神経?小学生は人質かい?
今でこそ来なくなったけど、「尖閣での台湾・中国漁船被害に苦しむ沖縄」も助けて上げて下さい。
「双方の核戦力強化・軍事力増強合戦は、もう終わった」ありゃ、中国はやってないと?笑わさないでよ。
「それには日本国憲法9条の精神・理念がぴったりだと思う」それを中共に直訴して下さい。ピースボートの船で皆さんで行って、天安門で横断幕を広げて主張して下さい。こんな所でちまちまやってても世界には広がらんぞ。

「中国・朝鮮半島・東南アジアに近い沖縄にとり、平和な環境は絶対的に必要である。」成程。すると「中国・朝鮮半島・東南アジアに遠い静岡にとり、平和な環境は絶対的に不必要である。」ってことだね。「・・・にとり」より「・・・とって」の方が読み易いな。
「基地経済は沖縄を豊かにしないことは、歴史的に証明されている。」って、基地ができる前は豊かだったって言えるの?少なくとも本土が復興している最中はあっちの方が豊かだったよ。折角、街中に基地があるのにそれを観光資源にしない頭の固さも原因でない?中国人観光客の誘致には最高の条件だと思うが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 集団的自衛権行使や自衛隊の武器使用拡大を国民に認めさせるために、北朝鮮の脅威を過度に煽り立てている | トップページ | 新パソコン  恐る恐る »