2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 袴田事件即時抗告をした検察 | トップページ | 集団的自衛権の名のもとに自衛隊の武力行使に道を開こうとする安倍政権 »

2014年4月 6日 (日)

調査捕鯨中止

国際司法裁判所の調査捕鯨中止命令に日本は従わざるを得ない事態になった。このことをめぐって様々な意見が出ているが、僕は時代の流れでやむを得ないことだと冷静に受け止めている。

 和歌山紀行のところでも書いたが、沿岸での伝統的な捕鯨は従来通りやることができる。別に鯨肉の捕獲が激減しても、日本人の普段の食生活はなんら困らない。

 遠く南極海まで出かけて行って、国際的に非難を浴びるより、ほそぼそと沿岸捕鯨を続けて伝統を守ったほうが、はるかに賢明だと思う。

 調査捕鯨といっても、実際は商業捕鯨である。日本は言葉のごまかしが多すぎる。海外では言葉のごまかしは通用しない。経済的にも止めた方がメリットがある。捕獲して売る利益よりも、税金で赤字を補てんする額のほうが多い。

« 袴田事件即時抗告をした検察 | トップページ | 集団的自衛権の名のもとに自衛隊の武力行使に道を開こうとする安倍政権 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

まぁ~た自分の矛盾に気づいて無いな。「捕獲して売る利益よりも、税金で赤字を補てんする額のほうが多い」からこそ「調査捕鯨といっても、実際は商業捕鯨」じゃないことが証明されてるんじゃない。利益を出してての調査捕鯨の方が怪しいと思わない?
「日本人の普段の食生活はなんら困らない」のは貿易が何の支障も無く行われているから、ですよね?輸入が途絶えたら、サツマイモと米とイワシ位しか食べられないこと知ってます?貿易が自由にできるのは各国が国際ルールに従い、海賊とか敵国とかの邪魔が無いこと。国際ルールに従わない、暴れ回っている国がありますよね?海賊を追い払う組織が無いと大変なことになるのは経験済みですよね?そのために軍隊が必要なことも理解していますよね?そのような条件が満たされていて漸く「日本人の普段の食生活はなんら困らない」なんて偉そうなことが言えるんです。中国に勝手にさせれば、既に自国近海の魚は獲り尽くしたそうで、いまは韓国沖で乱獲しているそうです。間もなく尖閣沖かな?そこも居なくなれば太平洋ですな。日本漁船なぞ数で圧倒されて締め出されでしょう。従ってクジラ同様、近海のみになるな。太平洋でも獲れなくなれば次はクジラかも。連中は捕鯨中止命令なんぞ無視するし、シーシェパードなんぞは反撃して沈めるだろね。それはそれで楽しみな見物だが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 調査捕鯨中止:

« 袴田事件即時抗告をした検察 | トップページ | 集団的自衛権の名のもとに自衛隊の武力行使に道を開こうとする安倍政権 »