2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 安保法制懇の報告書は何の権威もない 安倍の私的なお仲間のお墨付きに過ぎない | トップページ | シリーズ「集団的自衛権行使の落とし穴」 1 »

2014年5月16日 (金)

都合のよい解釈で憲法を無視することは許されない

昨日の首相記者会見で、安倍首相は何度も「国民の命を守るため」と感情に訴えながら、集団的自衛権行使に向けての「基本的方向性」を説明した。

 しかしその「基本的方向性」は公明党を納得させるため、さらには言葉のレトリックで国民をだまして、憲法改正を経ずに自衛隊が海外で戦争ができるようにする方向性に過ぎない。

 憲法9条を精読すれば、安保法制懇や安倍・高村・石破などが主張していることは、全く論理的整合性がない。更には、歴代自民党政権が積み重ねてきた「集団的自衛権の行使は憲法上許されない」という解釈にも歴然と矛盾している。

 憲法第2章 戦争の放棄

【 戦争の放棄、戦力及び交戦権の否認 】

第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

② 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

 国の基本的方向性は、『 国際紛争を解決する手段として、武力を使わない 』 である。これほど明確に武力行使を禁じているにもかかわらず、憲法改正を経ずに、自衛隊が海外で武器使用して、自国が攻められてもいないのに、他国と一緒に戦争ができるようにしたいというのが、安倍首相の方向性である。

 憲法改正はハードルが高いから、解釈改憲でなし崩し的にやりたいことをやる。実績(?)を積み上げ、現実と憲法がかけ離れているから、憲法を変えるべきだという世論を作る、自民党の常とう手段である。

 しかしこんなことを許せば、憲法は無いに等しい! 日本は法治国家でなくなる。

 次回からシリーズでこの問題を色々な角度から掘り下げ、さらには具体的にどうすればこの危険な方向性を阻止できるのか考えたい。

« 安保法制懇の報告書は何の権威もない 安倍の私的なお仲間のお墨付きに過ぎない | トップページ | シリーズ「集団的自衛権行使の落とし穴」 1 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

国際紛争を、どちらかが武力を用いる前段の争いと考えては如何でしょうか。例えばロシアを歓迎するクリミア半島占拠とか。そんな場合は武力の行使はしませんと読めばノープロブレムでしょう。法制懇の例も攻撃された場合の反撃、防御になっているはずです。
護憲派は日米安保があると戦争に巻き込まれると言っていたはずですが、そうなりましたか?自衛隊が海外でドンパチしましたか?左翼の戯言でしたね?今回の反対も独裁国家を利するためではないのですか?
憲法改正をしなくても自衛隊が合憲であることは最高裁が認めていますね。どんな綺麗事が書かれていても、自衛権はあるんです。個別的も集団的も、最高裁は区別していません。大体、安保があるから片務的ですけど集団でしたし。
「こんなことを許せば、憲法は無いに等しい」ならばもうとっくに法治国家ではないはずですが、ちゃんと法治国家として反対運動をされてるようです。ナンセンス~
ところであの9条は米国統治下の、つまり植民地フィリピンの憲法と同じってご存知ですか?米国に逆らえるような軍備はさせないぞって言うものですな。反米だろう貴方方には言語道断でしょ?それともアメリカの言いなり?

そう言う貴方は憲法第1条をお守りかな?共産党も社民党も守っとらんから、護憲を言う資格は無いがのぅ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都合のよい解釈で憲法を無視することは許されない:

» 認知症女性:7年不明 家族に生活費1000万円超請求 [自分なりの判断のご紹介]
JR東海が認知症患者の親族に 事故に伴う費用を請求して争って いますけど。 どこかがおかしいと、似たような 感じがする 認知症女性:7年不明 家族に生活費1000万円超請求か ◇群馬県館林市も苦慮  東京都台東区の認知症の女性(67)が 2007年に群馬県館林市内で保護され、 今月12日まで身元不明のまま民間介護 施設に入所していた問題で、女性の 7年間の生...... [続きを読む]

« 安保法制懇の報告書は何の権威もない 安倍の私的なお仲間のお墨付きに過ぎない | トップページ | シリーズ「集団的自衛権行使の落とし穴」 1 »