2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ジェームス三木講演会レポート | トップページ | 安保法制懇の報告書は何の権威もない 安倍の私的なお仲間のお墨付きに過ぎない »

2014年5月12日 (月)

浜岡原発再稼働反対署名

浜岡原発再稼働を絶対にさせない・許さないために、何が最も有効かを考えると、周辺自治体および県知事がNOの立場に立つことだと思う。

 中電が来年9月、安全対策と称する一連の工事を終えたら、国に再稼働の申請をするだろう。その前には、原子力規制委員会が、規制基準に合格との判断を出すことも十分考えられる。

 そうなると安倍政権は機械的にOKと承認するだろう。今の日本で、原発再稼働を止めるのは、世論を背景とした自治体の長だと思う。

 保守とか革新とか関係なく、「原発はダメ」この声を具体的に署名という形で、表すことが極めて重要だと思う。

 今、静岡県ではそのための組織作り、全県統一署名活動の準備が進んでいる。一部の団体ではなく、静岡県内全ての浜岡原発再稼働反対で一致できる団体・グループ・個人が、大同団結して取り組めるように、準備を進めている。

 有権者の過半数の反対署名を集めて(出来れば人口の過半数だが)、周辺自治体(UPZ)の長に住民の側に立った意見表明をしてもらう、そして最終的に県知事が世論が許さないと、中電及び国に再稼働は認められないと、表明してもらうことを目標にしている。

 すべての自治体有権者の過半数の反対署名を集めるのは、並み大抵ではない。ハードルが高い。賛同する団体・グループ・個人をいかに多く集めるか、テレビ新聞でも大きく取り上げられる大きなうねりをいかに作り上げるか、そして実際に署名を集める人間のやる気をいかに高めるかが問われている。

« ジェームス三木講演会レポート | トップページ | 安保法制懇の報告書は何の権威もない 安倍の私的なお仲間のお墨付きに過ぎない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

先生。原発反対活動をされている姿をテレビで拝見しました。
お元気そうで、うれしく思います。

高校時代、先生から、戦争当時の日本軍が犯した残虐行為の数々を教えてもらいました。
とても衝撃を受け、自分でも興味を持って調べていくうちに、それらは全て戦後作られた嘘の証言だと知りました。
ほんとうに、一つ一つ検証されています。

南京虐殺、731部隊、いわゆる従軍慰安婦・・・先生も今となっては信じておられませんよね。

先生のお陰で、わたしは物事は一つの側面からだけ見てはいけないと気づきました。
原発に関しても、なぜ反対なのか、政府はなぜ賛成なのか、しっかりと見極めたいと思います。

コメントありがとう。日本軍が戦争で起こしたことですが、僕は、南京虐殺・731部隊・軍慰安婦など、事実としてあったと考えています。
 確かにそれらを否定する人がいるのは事実ですが、そうした人々は信じたくないから事実に目を背けていると思います。
 僕は中国の南京市に行き、その施設の中でかろうじて助かった人から当時の様子を聞いたことがあります。また日本軍に殺された人々のおびただしい白骨を見ました。
 韓国の「ナヌムの家」という軍慰安婦にさせられたおばあさんたちが暮らす施設を2回訪問したことがあります。直接被害にあわれた人々からお話を聞いています。
 731部隊が細菌戦を実施したり、生きた人間を細菌培養のため実験に使ったのも、まぎれもない事実です。あなたがどのように勉強して、こうしたことはなかったと信じるのか僕にはわかりませんが、自分の目で耳で、確かめることをお勧めします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浜岡原発再稼働反対署名:

« ジェームス三木講演会レポート | トップページ | 安保法制懇の報告書は何の権威もない 安倍の私的なお仲間のお墨付きに過ぎない »