2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 浜岡原発再稼働反対署名 | トップページ | 都合のよい解釈で憲法を無視することは許されない »

2014年5月15日 (木)

安保法制懇の報告書は何の権威もない 安倍の私的なお仲間のお墨付きに過ぎない

今日、安保法制懇の報告書提出を受けて、安倍首相が憲法解釈による集団的自衛権容認に向けて記者会見をする。

 

 やっていることがデタラメである。こんなことを許したら、日本は憲法も国会もいらない独裁国家になる。以下問題点を指摘したい。

① 国の重要なことを決めるにはルールがある。例えばある問題を国会で議論、または法案を出すために、問題点を整理するために専門家・有識者といわれる人たちで構成される審議会を作る。構成メンバーは政権を取っている内閣が選ぶが、国会でもチェックされる。

 ところが、戦後日本が平和国家として歩んできた”国の形”を根本的に変える重要な問題であるにもかかわらず、安保法制懇は安倍首相の私的な懇談会に過ぎない。

 メンバーはすべて安倍首相が個人的に選んだ、同じ考えの持ち主。この連中が出す報告書の結論は、最初から分かりきっている。従って、我々一般の国民には(国会議員も含めて)、今日出される報告書は何の権威も重みもない!

② 今朝の朝日新聞によると、その法制懇の議論もいい加減だったようだ。官僚が作成した原案は秘密保持のため回収され、3月17日の会議のときは事前に手書きしたメモを見ながら行わざるを得なかったとのこと。

 もしこの報道が本当なら、常識ではありえない会議だ。今日出される報告書の一字一句をメンバーが吟味し、議論する機会を奪っている。

 これも新聞報道だが、ある委員は「新聞で先に(報告書の)概要を知った」、「私たちは政権の駒だった」と述べている。

 こんなデタラメな懇談会が出す報告書はお墨付きにもならない。

明日、安倍首相および自民党タカ派が強引に進める解釈改憲について書きたい。

« 浜岡原発再稼働反対署名 | トップページ | 都合のよい解釈で憲法を無視することは許されない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

何かごちゃ混ぜにしていませんか?これは法案を作る審議会じゃないんですぜ。安全保障上の問題点を指摘して貰うための、首相の「私的な」審議会にそんな文句を言われても「はあ?」としかねぇ。「”国の形”を根本的に変える重要な問題である」は、元先生の主観。憲法を押し付けたマッカサ―がまだいた時の朝鮮戦争で、機雷の掃海をさせられたことはご存知かしら?あの条文でもそれはOKだったんでしょうねぇ。なんせ作らせた本人のご判断ですもの。
第1次安倍政権で設置したけど報告書が出た時は首相退陣してて、でそれっきり。その後に尖閣でゴタゴタがあっての今回。メンバーも殆んど共通だそうですが、中国の強力な軍事力増強等の状況変化で報告書の内容は変わって当然でしょう。
今は予算削減で大人しくなり過ぎたアメリカに振り回される事を心配するより、シナ海を平穏に保つ算段をするのが順当だと思いますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

» 認知症女性:7年不明 家族に生活費1000万円超請求 [自分なりの判断のご紹介]
JR東海が認知症患者の親族に 事故に伴う費用を請求して争って いますけど。 どこかがおかしいと、似たような 感じがする 認知症女性:7年不明 家族に生活費1000万円超請求か ◇群馬県館林市も苦慮  東京都台東区の認知症の女性(67)が 2007年に群馬県館林市内で保護され、 今月12日まで身元不明のまま民間介護 施設に入所していた問題で、女性の 7年間の生...... [続きを読む]

« 浜岡原発再稼働反対署名 | トップページ | 都合のよい解釈で憲法を無視することは許されない »