2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« シリーズ「集団的自衛権行使の落とし穴」 2 | トップページ | シリーズ「集団的自衛権行使の落とし穴」 4 »

2014年5月23日 (金)

シリ-ズ「集団的自衛権行使の落とし穴」 3

解釈改憲で集団的自衛権行使ができるようにしたいと主張する安倍首相・石破自民党幹事長らの本音は、とにかく自衛隊をもっと活用したい、武器使用基準を緩め、どこへでも自由に出ていけるようにし、「国際紛争を解決する手段として」軍隊を使える「普通の国」にしたい、ということだろう。

 その目的のために、色々な具体例を挙げ、危機をあおり、現状ではダメだ、自衛隊が「国民の生命・財産、領土・領海を守れるようにすべき」と説く。

 具体例の一つに、「漁民を装った武装集団の離島上陸・占拠」がある。公明党はこのグレーゾーンは個別自衛権や海上保安庁で十分対応できると反論している。

 もし仮にどこかの漁民を装った武装集団が沖縄県の離島に不法に上陸、そして退去を拒み占拠するケースを考えよう。

 何のためだろうか?どんな利益があるのだろうか?だれが危険な行動を命じるのだろうか? 占拠した後、その離島をどうするつもりだろうか? 

 この不可解なケース(実際にはあり得ないが)への対応を、もし僕が首相ならこのように対応したい。

 豊臣秀吉に倣って、「兵糧攻め」作戦をとる。 自衛隊は出さない。海上保安庁が、「退去を呼び掛ける」。自主的に島から出るまで、離島の周りを海保が取り囲む。

 おそらく1週間、長くてもひと月で、水や食料が尽きるだろう。その集団はギブアップせざるえないだろう。 武力行使せずに、解決できる。

 そもそもこのような武装集団を送る国があるだろうか? 台湾はあり得ないと断言できる。台湾漁民は、とにかく漁ができるよう沖縄の漁民とうまくやりたいと願っている。台湾政府が命じることもあり得ない。

 この離島を尖閣諸島だと想定しても、台湾の本音は漁民の安全操業である。武装集団(軍人)が島を占拠するのは、失うものが大きすぎる。なんのメリットもない。

 では中国政府はどうだろう? 確かに領有権を主張している。そのため公船を周辺に送り込んでいるのは事実である。 しかし政府が武装漁民を装った人民解放軍兵士を送り込むリスクは、あまりにも大きい。アメリカや国際社会からの経済制裁を覚悟しなければならい。へたをすれば、戦争に発展する恐れがある。

 ウイグル族やチベット族への対応で、手一杯。国内の貧富の格差、意識が高くなった民衆の腐敗した共産党地方政府への反乱など、国内問題で手いっぱいが中国の現状である。

 ベトナムに対しては高圧的だが、それを日本に当てはめるのはためにする議論に過ぎない。

 沖縄南西諸島の離島不法上陸・占拠も、冷静に考えればあり得ないし、海保で十分対応できる。自衛隊を出す必要はない。

 沖縄南西諸島は中国との領有権問題もない! そのようなところに武装集団を送る大義もないし、中国の民衆が勝手に武装して小舟で来るには、距離が遠すぎる。民衆をがっちり抑え込んでいる政府が、許すわけがない。

 こうして冷静にみてくると、安倍首相が言っていることは漫画である。しかし騙される国民がいる。実は安倍首相らは、冷静に戦略を練り、漫画で国民を納得させようとしている。落とし穴を見抜く力をつける必要がある。

 

 

« シリーズ「集団的自衛権行使の落とし穴」 2 | トップページ | シリーズ「集団的自衛権行使の落とし穴」 4 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

初めて読みました
ありえない っと断言されていることが、過去実際に起きているのは、その時の時空と今の時空が違うからなんでしょうか?

「漁民を装った武装集団の離島上陸・占拠」とは、中国の民兵のことですね。
中国には職業軍人以上の数の民兵がいます。
民兵といっても、ちゃんと政府で管理された組織で、武装や訓練も軍隊並みです。
ベトナムやフィリピンとの紛争では、まず民兵を派遣し、その後自国民保護を名目に軍隊が駆けつけるのが中国の常套手段です。
実際、そうやって南シナ海の島々を中国は実効支配してきました。

ベトナムの事例は日本に当てはまらないと仰っていますが、その根拠はなんでしょうか?
あり得ない、では多くの国民は納得しないでしょう。

「おそらく1週間、長くてもひと月で、水や食料が尽きるだろう」えっと、空から幾らでも投下できますが?潜水艦で近付いてボートでも。海保艦艇の周りを武装集団の船で囲まれたらどうするのですか?バズーカでも持ってたら?想像力が貧困すぎ。
「アメリカや国際社会からの経済制裁を覚悟しなければならい」南沙や西沙諸島に人民解放軍兵士を送り込んでいますね。尖閣に送らない理由は?
「国内問題で手いっぱいが中国の現状」でも南沙や西沙諸島でやってますよね?
「それを日本に当てはめるのはためにする議論に過ぎない。」日本は軍事力が大きいから?それって自衛隊の事ですよね?憲法9条に違反しているとご指摘の。じゃああって良いんだ。
この「思い」は日本を油断させて侵略をし易いようにする陰謀か、見えてるのに見ようとしない思い込みのなせる業か、どっち?嘘ばっかのちょうにち(朝日)新聞の刷り込みが強そうね。マンガはこれだな。

尖閣諸島には中国との領有権問題があると言われている! そのようなところには武装集団を送る大義が大有りで(なのに送っていないと抗議はしてませんね?)、中国の民衆が勝手に武装して漁船で来るには、問題の無い距離(ぶつけた船も漁船でしたよ)。民衆をがっちり抑え込んでいる政府が、扇動しないと言い切れるわけがない。反日デモもそうだもん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シリ-ズ「集団的自衛権行使の落とし穴」 3:

« シリーズ「集団的自衛権行使の落とし穴」 2 | トップページ | シリーズ「集団的自衛権行使の落とし穴」 4 »