2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« シリーズ「集団的自衛権行使の落とし穴」 1 | トップページ | シリ-ズ「集団的自衛権行使の落とし穴」 3 »

2014年5月21日 (水)

シリーズ「集団的自衛権行使の落とし穴」 2

安倍首相が集団的自衛権行使ができるようにしなければならないと、具体例を挙げてあげているいくつかを取り上げ、そのまやかし(巧妙に国民を自衛権行使容認へと導く落とし穴)を論破したい。

 イ) 【 韓国から避難する日本人を乗せた米艦船が攻撃されても、日本は何もできなくてよ  いのか?】

 安倍首相はボートに乗った日本人のおじいさん、おばあさん、お母さん、こどもの絵を示しながら、この人たちを守るために集団的自衛権行使が必要なんですよ、と感情に訴える説明をした。

 冷静にこのような事態が起きるか考えよう。朝鮮半島で戦争が起きる事態である。確かに北朝鮮はよくわからない国だ。僕は祖父・父の権力を世襲制で受け継いだ最高権力者・金ジョンウンの太った姿、顔をテレビで見るたびに、不快になる。多くの人々が不安を抱いているのはよく理解できる。

 南北の小さな衝突はあるかもしれない。しかしかつての朝鮮戦争のような全面戦争はあり得ないとみている。両国の後ろ盾となっている米中が許さない。国益に反するからだ。北朝鮮指導部も、南北の全面戦争になれば軍事的勝利はないことを理解している。近代的兵器に勝る韓国のほうが、はるかに有利である。

 全面戦争をしかけたら国(金ジョンウン体制)は崩壊する。それを知っているから、やられたらやりかえすやぶれかぶれの武器=核兵器に固執している。

 僕は韓国に10数回行っている。来年は21世紀の朝鮮通信使友情ウオークに参加し、ソウルからプサン、そして最終的には東京まで、韓国人・在日韓国人・日本人ウオーカーと共に50日間歩く予定である。

 3年前にもソウループサンを歩いた。韓国の人々は、北朝鮮が攻めてくる=全面戦争の恐れがあると誰一人心配していないことがよく分かった。韓国に滞在する日本人がアメリカ軍に救出される事態は、韓国の人々も避難しなければならない事態である。

 あり得ない!!!  荒唐無稽なケースを取り上げ、日本人の生命を守るのは国の最高指導者として責務である、などと叫ぶのは漫画である。

 もっと冷静に考えよう。日本人避難の輸送手段について。あり得ないが万が一そのような必要が生じたときの輸送手段である。

 戦争には前兆がある。原発事故とは違う。本当に避難しなければならない事態になるまで、時間がある。民間の飛行機や船で十分である。韓国と日本の空は1日10数本の(それ以上かもしれない)飛行機が飛び交っている。船はプサンー下関間を毎日行き来している。プサンー福岡便も毎日出ている。

 本当に非常時になれば、民間の船をチャーターすればよい。米軍の艦船に頼る必要は全くない!!!

 韓国と日本、北朝鮮の地図を思い浮べよう。韓国南部から日本への航路は、北朝鮮の制海権が全く及ばない。米艦船への攻撃どころか、民間船への攻撃も現在の北朝鮮の海軍力では不可能である。38度線以南の韓国領海に入れば、韓国軍や米軍に攻撃され、撃沈される。

 安倍首相及びそのブレーンは、こうしたことを分かったうえで、危機をあおり、集団的自衛権行使ができるよう憲法解釈の必要性を訴えている。それは周到に準備された、国民洗脳のための戦略である。

« シリーズ「集団的自衛権行使の落とし穴」 1 | トップページ | シリ-ズ「集団的自衛権行使の落とし穴」 3 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

3年前に韓国に行かれたとのことですが、近年はまただいぶ事情が違いますよ。
私はよく仕事で韓国に行くのですが、一昨年までは太陽政策の余韻で南北の関係はかなりのんびりしていました。
しかし昨年は北朝鮮が核実験やミサイル実験、開城工業団地の閉鎖と韓国従業員を人質のように扱ったことでかなり危機的な関係となっていました。
昨年の5月に韓国企業の方と一緒に行った時は、アメリカと韓国の大きな軍事演習があったこともあり、「万が一の可能性もあります」と注意するよう言われ、韓国企業が用意してくれたホテルも安い北側だったものが、急遽ビジネスユースに不釣り合いな南側の高級ホテルに変更してくれました。
ソウルは真ん中に漢江という大きな河が流れているのですが、戦争になると北朝鮮の南下を防ぐため橋を全部落とすとそうです。
軍は市民の避難が完了してから落とすと説明しているそうですが、ソウルは北朝鮮に近いので橋はすぐ落とされて北側は見殺しにされると思ってる、と韓国企業の方は言っていました。
大流行した「江南スタイル」は漢江の南側の高級住宅地のことですが、ソウルは漢江の北と南で地価が全然違います。

あと、湾岸戦争のとき日本の海運と航空会社は邦人脱出の協力も拒否しました。
結局、アメリカの民間機がアメリカ軍に護衛されて脱出してます。

米軍の艦船に頼る必要はないといいながら、制海権で米軍と韓国軍を持ち出しているのはどういうことでしょうか?

私は仕事柄韓国の友人も多く忌憚ない話をします。
日本も韓国も竹島なんて損得にならないことはどうでもいいと思ってること、
歴史認識のずれよりも今の生活を豊かにするためを優先すべきなどをよく話します。
その中でも朝鮮半島有事は現実味を持って話をするようになりました。
韓国国民はかなりの犠牲を覚悟しています。
朝鮮半島有事は集団的自衛権とは別としても、同じ自由主義社会の一員であるにほんとしてどう関わるのか決めておくべき段階だと思います。

「かつての朝鮮戦争のような全面戦争はあり得ないとみている」
根拠のない個人的なただの感想ですね。お歳は分かりませんが、朝鮮戦争はあると思っていらっしゃいましたか?
「両国の後ろ盾となっている米中が許さない」
北がそんなに中国の言う事を聞いていますか?
「北朝鮮指導部も、南北の全面戦争になれば軍事的勝利はないことを理解している」
北に直接お伺いしてのこと?南の反撃に対して、核を使うと脅してどんどん侵略って考えられませんか?
「全面戦争をしかけたら国(金ジョンウン体制)は崩壊する」
豊かな南には奪いたいものが山ほどありますね。国境を越えれば石油も十分にあります。長距離砲でソウルを叩いて漢江までの進出ならあっというまです。それだけでも南は混乱のルツボでしょう。破れかぶれってこともありますね。
「戦争には前兆がある。原発事故とは違う。本当に避難しなければならない事態になるまで、時間がある」
ドイツのポーランド進出やフランス攻撃に、日本の真珠湾攻撃に、イラクのクエート攻撃に、前兆がありましたか?民間人は皆非難できましたか?
「38度線以南の韓国領海に入れば、韓国軍や米軍に攻撃され、撃沈される」
それなのに日本沿岸に北の不審船が出没しているのは何故?

貴方以上の専門家があんな地震はあの地域にはないって言っていましたね。無かったのでしょうか?

貴方は車をお持ちですか?事故なんて起こすと考えていますか?でも任意保険に加入していますよね。安く無い掛け金です。何故加入しているのですか?万が一、起きてしまった時を考えてですよね。自分は万一を考えるくせに、日本が考えるのは反対っておかしいと思いませんか?自分がどんな事故を起こすか想像できますか?想像できないから対人や対物や同乗者や弁護士の依頼費用を保険適用にしているんじゃありませんか?生命保険も自分一人の時と、家族が増えた時とで保障を変えていませんか?日本の周りも状況が変わっているんです。そんなことも認識できないのですか?

こんな例えで理解できましたでしょうか?何も手立てを考えておかないと云う事は、何かあった時に海外の日本人は、国内の日本人も、見捨てると云う事です。ピースボートの船もそうして欲しかったのかしら?よく恥ずかしくも無く海自に頼れましたね。頼るなと主張されましたか?海賊なんかに襲われる筈は無いと言わなかったのですか?海自が行っていなかったら日本人が乗っている船は見捨てられていたかも知れません。ひょっとして海賊に通報されて襲われていたかも知れません。世界は善人ばかりじゃないんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シリーズ「集団的自衛権行使の落とし穴」 2:

« シリーズ「集団的自衛権行使の落とし穴」 1 | トップページ | シリ-ズ「集団的自衛権行使の落とし穴」 3 »