2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 原発が国豊の喪失につながると判断した福井地裁判決を高く評価する | トップページ | 浜岡原発再稼働を許さない静岡県ネットワーク »

2014年6月11日 (水)

環境問題からも原発の運転継続を認めない福井地裁判決

『 また被告は、原発の稼働が二酸化炭素排出削減に資するもので環境面で優れている旨主張するが、ひとたび深刻事故が起こった場合の環境汚染はすさまじい。福島原発事故は我が国始まって以来最大の公害、環境汚染であることに照らすと、環境問題を原発の運転継続の根拠とするのは甚だしい筋違いだ 』

 言葉の余地がないぐらい「その通り」と叫びたい、率直な判決である。電力会社は火力発電は大量の二酸化炭素を排出して、地球温暖化につながり、環境面から原発の優位は揺るがないと今でも主張するが、チェルノブイリ・福島原発事故の環境への影響は、人が住めなくなるという点で、最悪である。

 また福井地裁判決は、こうも結論づけている。 『 原告らのうち大飯原発から250キロ圏内に居住する者は、本件原発の運転で直接的に人格権が侵害される具体的な危険があり、請求を認めるべきである. 』

 浜岡原発から250キロ圏なら、東京・横浜・名古屋の大都市圏が入る。福井県にたくさんある原発から250キロ圏には、関西の全ての大都市が入る。

 原発事故の影響は計り知れないので、250キロ圏まで原告適格を認めた優れた判決である。

« 原発が国豊の喪失につながると判断した福井地裁判決を高く評価する | トップページ | 浜岡原発再稼働を許さない静岡県ネットワーク »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

250km圏なんてチェルノブイリを想定してのことだろうけど、炉型が違うのに同じことは起きんぞ。ディーゼル車は燃えるけどガソリン車のように爆発するから危ないって言ってるようなモノ。乗用車とタンクローリー車の火災が同じと言っているようなモノ。無知だか故意だか知らんがの。
二酸化炭素の温暖化で地球に住めなくなるかもしれないって想定はしないのかな?そんなことは起こり得ないの?原発事故より酷い事は、起きると考えたくないの?二酸化炭素が今より高濃度になった時の、人体への影響なんかなんにも判って無いけど、大丈夫?車の排ガスだって光化学スモッグを引き起こすことは知られてるけど、これから別の何かを起こさないと言い切れるの?PM2.5もさ。みんな起きてから考えるの?それから反対運動をするの?遅くね?
大陸で正義の水爆実験をしてた頃は、今みたいな簡単な放射能測定器なんて無かったから、日本中が今の立ち入り禁止地区より酷い事になっていても分かりませんでしたね。

「火力の稼働が原発削減に資するもので環境面で優れている旨主張するが、徐々に濃度を増すCO2の地球への環境汚染はすさまじい。CO2増加は地球始まって以来最大の公害、環境汚染であることに照らすと、環境問題を火力の運転継続の根拠とするのは甚だしい筋違いだ」ありゃりゃ、同じ論旨で火力も使えないや。こりゃ発電所は全廃かな?
「言葉の余地がない」聞いた事のない表現のような・・・?どう言う意味でしょ? 
「原発事故の影響は計り知れないので、250キロ圏まで原告適格を認めた優れた判決」するとCO2は地球規模ですから、例えばフィジーの人も原告適格を認められて、日本で訴訟を起こせそうです。日本中の火力が止まるなんてウレピ~^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 環境問題からも原発の運転継続を認めない福井地裁判決:

« 原発が国豊の喪失につながると判断した福井地裁判決を高く評価する | トップページ | 浜岡原発再稼働を許さない静岡県ネットワーク »