2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 沖縄レポート 6 高江の座り込みの様子 | トップページ | 沖縄レポート最終回 7 高江の粘り強い運動 »

2014年8月 1日 (金)

沖縄レポート 7 高江に集まる多彩な人々

Img_1944


Img_1946


 6月30日の夜は、多彩な人たちが僕たちが宿泊してる「つーたんや」に集まった。ウクレレを演奏しながら歌うのは、ハルコニーさん。那覇でライブ活動をしている。上の写真でカメラをかまえているのは、写真家・森住卓さん。

 ピンク色の袈裟?に黄色いズボンの若者は日本山妙法寺の僧。彼はアメリカやインド、韓国などにも平和を祈りながらピースウオークを実践している。

Img_1947


 広島のミュージシャン・川村さん。彼が作詞作曲した「明日晴れたら浜へ行こうじゃないか」は、なかなか良い曲だった。

Img_1948


 チクサンさん。風貌はパッとしないが、結構彼のCDは売れているそうだ。

Img_1952


Img_1953


 7月4日は、東京から2人のミュージシャンも。Kさん、Yさん。この2人は宿泊したので、つーたんやでも歌ってくれた。

 ピースボートの水先案内人を務めたこともある「ランボウ」さんも、N1のテントに来てくれた。今の関原発・祝島・水俣などへ環境ガイドツアーを実施している青年だ。

« 沖縄レポート 6 高江の座り込みの様子 | トップページ | 沖縄レポート最終回 7 高江の粘り強い運動 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「チクサンさん。風貌はパッとしないが・・・」
遠慮ないねぇ。そこまで書くかい?
しかしどんな反対運動でも日本だからできる幸せを噛み締めて下さいな。周りの国で出来る所ある?守らずして自立できる?
元先生のお説だと中国は戦争を出来ないそうですが、日本に自衛隊や日米安保が無ければ戦争などする必要も無く日本を占領できます。そうなったら今の幸せはあるかね?元先生達が9条違反と叫んでいる自衛隊や日米安保が無ければ今の反対運動もできない。まあ中国軍は大歓迎なので有れば、どうせ植民地になって新たな憲法を押し付けられても反対する必要は無いから無問題でしょうが、仮に反対運動をしようとしたら徹底的に弾圧される訳で、物凄い矛盾かと。お判り?
その時、北からはロシアで、韓国は対馬。さて何処で分けるのでしょう?無防備ってそう云う事。それでも憲法を守るの?見直しに反対するの?占領されれば憲法が丸ごと無くなるよ。他国は日本の憲法なぞ気にしちゃくれないよね。そうなれば米国製よりずっと怪しい機体が我が物顔で飛び回るぞ。日本人が死んだって気にしない。下に居たのが悪い事になるな。当然、移動の自由も思想の自由もありゃしない。どうする、元先生?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄レポート 7 高江に集まる多彩な人々:

« 沖縄レポート 6 高江の座り込みの様子 | トップページ | 沖縄レポート最終回 7 高江の粘り強い運動 »