2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 浜岡原発の再稼働を許さない静岡県ネットワーク発足集会 | トップページ | 福島を理解するツアーレポート 2 郡山の夜 »

2014年8月 6日 (水)

福島を理解するツアー レポート 1  郡山市

7月19,20,21日と2泊3日で、福島県への旅を企画し、29名の参加で、有意義な旅を行ってきた。UPZ市民交流会として初めての一緒に取り組む企画だった。予定した人数が集まらず、中日新聞の協力をいただき、広域に参加を呼びかけたところ、浜松市や静岡市の人も参加してくれた。

 郡山市につくまで時間があるので、コースの説明をした後、一人一人に自己紹介をしてもらった。バスは順調に走り、郡山ICで待っていただいた小沼さん(ピースボートで知り合った知人。これまで2回福島ツアーでお世話になっている)の案内で、稲川原・川内村仮設住宅の集会所を訪れた。

 立って挨拶をしているのは、被災者の支援活動をされている大橋利明さん。座っている人たちは、川内村の住民。

Img_1957

Img_1958


Img_1959


 上2枚は被災者のお話を聞く参加者。真ん中の写真で、後列右二人の方は川内村住民。

 インタビュー形式でお話を伺った。印象に残る(記憶に残っている)お話をいくつか紹介したい。

・川内村の家はねずみの糞だらけ。ねずみを飲み込んだへび(青大将)が家の中にいた。とても住めない。

・川内村は山村だから、ほとんどの家は井戸水を利用している。家の周りは除染しても山の除染はしてくれない。放射能の汚染の心配がある井戸水は飲めない。

・村に帰っても農業はできない。仕事はない。買い物にも不便。医者もいない。政府や村当局は、帰村を進めるが、帰りたい気持ちはあっても、帰れない。

・家族はばらばらにすんでいる。時々孫が仮設に遊びに来るのが楽しみ。

・仮設では夜ぐっすり眠ることができない。私は睡眠薬がないと眠れなくなった。

・仮設の自治会長はいない。住民が集まるイベントは無い。皆で作る花壇や畑もない。ボランティアもこの仮設にはあまりこない。

 Img_1961


Img_1962


 ここの仮設住宅は他の地区と比較すると、作りがしっかりしているように見えた。しかし3年以上も故郷・我が家を追われた生活で、皆さん疲れた様子だった。

 集会所を出たとき、たまたま3人の小学生に出会った。「こんにちわ! 僕たちは静岡県から来ました」と声をかけたが、にこりともせず無言だった。僕はショックを受け、あとの言葉が続かなかった。

 参加者の大石さん(牧之原市議会議員)が養鶏業をされており、全世帯(69世帯)分の卵パックをお土産に持ってきてくれた。また袋井市の市議会議員高橋さんは農業をされていて、大きな米袋(多分20キロ入り)二つをプレゼントしてくださった。

« 浜岡原発の再稼働を許さない静岡県ネットワーク発足集会 | トップページ | 福島を理解するツアーレポート 2 郡山の夜 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

今時知らない大人が小学生に声かけたら、不審者情報として通報されますよ。

竹野さんはじめ袋井の会の皆さんが、準備や運営にご尽力くださったおかげで、参加者みな、とても充実したツアーだった!時間が短く感じられた!と、感謝しておりました。
若い世代が無理な被曝をせずに、現地の情報をしっかりと知ることのできる、こうしたご報告もたいへんにありがたいものです。 次回記事を楽しみにしております。

福島を理解したいという視点で見る時に、「3人の小学生達がにこりともせずに無言だった」という記述はやはりかなり気になりました。知らない人への警戒なのか、或いは子供らしい気持ちまでをも重くする状況があるのでしょうか。どう思われたでしょうか。ショックを受けた意味を書いて欲しい。

こどもがにこりともしなかった理由は、分かりません。ただ想像ですが、僕はこのようにとらえています。知らない人に笑顔やあいさつを返す余裕がないほど、疲れている、精神的に苦しんでいるのでは、と。
 外でのびのび遊ぶこともできない。海で泳ぐこともできない。家庭の事情は全く分かりませんが、家族全員そろって、穏やかに何の心配もなく暮らしている状況ではないと想像します。
 そのような子ども達には保養が必要なのはよく知っています。しかし、今回の訪問は保養の企画を立て子ども達を招待する内容ではありませんでした。被災者のお話を聞く目的でした。
 子ども達からそのようなつらいお話を聞くことはできません。外部の人間が、上記の目的で来るのを、子ども達が喜ぶはずがありません。今考えると、ある意味、子ども達の反応は自然だったと思います。   たけちゃん

蛇が居たから住めないってホントに田舎の人?ネズミだらけなら、帰る前に猫でも放しておいたら?地下水ってそこまで浸み込むのに何十年か掛かるから、当分問題無いはずだし、心配なら検査して貰えば良い事。農業も何を栽培するのか分かりませんが、米で、粘土分が多い田んぼなら殆んど米から放射線は出ない事が分かっています。情報が貧弱なのか偏向しているのかですね。
買い物にも不便。医者もいないは事故前からのこと?ならはっきりそう書きませんとね。
政府や村当局が帰村を進めるって、もう何時でも帰って良いと言う事かしら?立ち入り禁止地区では無いということ?なら上記は帰らない言い訳?良く分からないなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島を理解するツアー レポート 1  郡山市:

« 浜岡原発の再稼働を許さない静岡県ネットワーク発足集会 | トップページ | 福島を理解するツアーレポート 2 郡山の夜 »