2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« シリーズ「戦争と平和を考える」 7 日本の戦争責任 パート2 | トップページ | シリーズ「戦争と平和を考える」 9 沖縄辺野古で考え・体験したこと その1 »

2014年9月 6日 (土)

シリーズ「戦争と平和を考える」 8 平和を守る方法/中身

 『平和を守る方法・その手段・中身』

 このシリーズのトップに誰しも「平和が大切・平和を守ろう」という、と指摘した。パレスチナ・ガザを無慈悲に攻撃するイスラエルの人々も、イラク・アフガニスタン戦争を支持したアメリカの人々も、安倍晋三首相や軍備増強・辺野古新基地建設を容認する全ての政治家・官僚・財界人も、平和を唱える。

 長崎・広島原爆慰霊祭においても、核兵器容認(核抑止論を認める)の人々が、平和の大切さを語る。

 敗戦(終戦)記念日戦没者慰霊祭においても、全ての人々が戦争の悲惨さ・平和の大切さを語る。

 靖国神社に参拝する閣僚・政治家も同じことを言う。こうした政治家を支持する人々・投票する人々、中国北朝鮮の脅威をあおり・自衛隊増強を支持するマスコミ、御用学者・テレビコメンテーターも同様だ。

 問題は『平和の中身』だと思う。言葉に騙されてはいけない。目の前で戦争が起こり、女性や子供・老人・市民が殺戮されているとき、ただ平和を唱えるだけでよいのだろうか? 戦争指導者の唱える「平和」の内実を追及・検証しなければならない。

 間違った戦争をやめさせるため、考えられるあらゆる手段で「戦争反対」を訴えることが、『平和を守る』ことだと思う。

 今日本で『平和』に関係する最も大きな問題の一つが、辺野古新基地建設を容認するのか・反対・阻止するのか、である。

 憲法を守ろうという人々、9条の会に入って積極的に平和運動をしている人々も含めて、目の前できれいな海を埋め立て米軍基地を作ろうとしているのを、それを阻止するために辺野古で頑張っている人々にたいして、ただ口先で『平和』を唱えているだけでよいのだろうか?

 現実問題として、思いがあっても生活・仕事があり、行動に移せない人は多い。しかし関心を持つ・新聞に投書する・おかしいマスコミや政治家にメールやファックス、はがきで抗議する、電話する・集会講演会に参加することなどは、その気になればできる。

 家族や友人・知人に、「ジュゴンが住む辺野古の海・サンゴ礁のきれいな海を埋め立て、アメリカの軍事基地を自分たちの税金で作るなんておかしいわね」と、話しかけることは誰でもできる。

 僕は今日(6日)から15日まで、辺野古・高江に行き、沖縄の人々と共に現場で『平和を守る』行動に参加する。

 退職して本当によかったと思う! 時間がある。行動に制約されない! 団塊の世代の人たち=退職者たちはこぞって沖縄に行きましょう!

« シリーズ「戦争と平和を考える」 7 日本の戦争責任 パート2 | トップページ | シリーズ「戦争と平和を考える」 9 沖縄辺野古で考え・体験したこと その1 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 武力によっては 平和は保たれないと 思います。
 武力でもって 勝ったとしても、 その報復に 怯え 更にいつ 攻めてくるか 解らない
 ので、 さらに 武力を 増やさなければ なりません。
 地球には 兵器で 一杯にになり テロ等により 謝って 使用されたり 間違って 相手  を攻撃したりして 戦争の危険が 増大するばかりです。
平和は隣人を 愛することから 生まれる と思います。
 人間の欲望が 争いになります。
  互いに助け合い そして 貧しい国には 軍事費をなくして 援助したり 難民の受け  入れ等 日本が まず先頭になって しなければなりません。
  朝鮮半島 中国等が 軍隊を持つのは それは日本に  占領された 経験があるか らです。
  日本が 軍備を増強すれば するほど 相手は 増やします。
  軍隊を 持たなければ 相手も 減らします。
 核兵器等 武力を増大すれば 地球が 滅びます、勝利する国は ありえません。
 日本は 防衛省などより 平和省を作って どうしたら
  日本が世界の平和に貢献出来るかを 考えると良いと思います。
 日本国憲法は もう二度と 戦争はしてはいけないと 誓った結果から生まれました。   世界にこの平和憲法を 示して 各国に模範を示すべきです。
 アメリカさん 平和憲法ありがとうございます、 そして アメリカもこの平和憲法
 を持ってくださいと願うべきでは ないでしょうか。
 相手が軍備をもっても こちらは 平和のイニシアティブを持って 日本は
 軍備を 持たない 戦争はしないと 言うことを 世界に宣言すべきです。

その論法だと警察がピストルを持っているからヤクザも持つことになるけど、じゃあ警察が丸腰になってヤクザもハジキを捨てるかね?折角ヤクザがこの世の春を謳歌できるのにそんなバカするか?組活動を牽制するのに必要なら警察署だって設置したいっしょ?反対するの?火事が多い地域なら消防署も建てたいべ?綺麗な街並みにそぐわないかも知れないが、必要なモノは造らんとね。違うかい?袋井から交番も消防署も全部、撤去するかい?ジュゴンのためなら日本人がどれほど死のうと、袋井が全焼しようと構わないの?
「間違った戦争をやめさせるため、考えられるあらゆる手段で「戦争反対」を訴えることが、『平和を守る』ことだと思う」そうだ!シリアへ行ってイスラム国に訴えるべし!北京の天安門広場で横断幕を掲げるべし!行ってらっしゃ~い^^/
今の日本がなんで平和で居られるか考えた事ある?他の日でも書いたけど、自衛隊が無ければ尖閣はとっくに平和裏に中国のモノ。米軍が駐留していなければ沖縄も。戦争なんかする必要無いよね。こっちに軍隊なんて無いんだもん。つまり平和なままでだよ。それでも平和なら良いの?チベットやウイグルみたいに圧政下に置かれても、問答無用で捕まって収容所に送られても、戦争が無くて平和だから良いの?でもテロが起きちゃうだろな~。そうすると平和かどうかは怪しくなるよね。暴動でも起こそうものなら天安門だよ。もう平和じゃないだろ?つまり日本に軍備も米軍も無いと、やっぱり平和じゃ無くなるのよ。判る?
「ただ口先で『平和』を唱えているだけでよいのだろうか?」ノー!絶対にノーだ!!辺野古の基地建設をお手伝いすべし!それとも海南島の中国海軍原潜基地で撤去運動をする?あちらは基地なんかお望みのままの造り放題だもん。

 家族や友人・知人に、「ジュゴンが住む辺野古の海・サンゴ礁のきれいな海を埋め立てることなるけど日本人が殺されるよりマシだし、アメリカの軍事基地を自分たちの税金で作るなんておかしいかもしれないけど、東南アジアを守らせるための公共物だから良いわね」と、話しかけることは誰でもできる。

「退職して本当によかったと思う! 時間がある。行動に制約されない!」
高額な退職金や年金を頂けるのは日本だから。思想の自由も行動の自由もね。変な国の植民地になったら全部パ~でっせ。

「団塊の世代の人たち=退職者たちはこぞって沖縄に行きましょう!」間違っても安宿でなんか済ますなよ。それじゃ沖縄に金が落ちないだろ?良いもん食って土産もたっぷり買って来てね~^^/


朝鮮半島 中国等が 軍隊を持つのは それは日本に  占領された 経験があるか らです
中国4000年の歴史は戦争の歴史、殺し合いの歴史って知らないの?歴史が古い分、あちらの方が先に軍隊をお持ちでして。日本に占領された時にも軍隊はあったしさ。日本に占領された経験が無い南北アメリカ、ヨーロッパ、イスラム、アフリカの諸国にもありますしね。その論法だと日本も元や米国に占領されたから持って良い事になるし^^

松本静雄さんへ
 コメントありがとうございます。全く同感で、コメントに励まされます。武力なしの丸裸は弱いように見えて、実は強い(特にそれを実践する側)と確信しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シリーズ「戦争と平和を考える」 8 平和を守る方法/中身:

« シリーズ「戦争と平和を考える」 7 日本の戦争責任 パート2 | トップページ | シリーズ「戦争と平和を考える」 9 沖縄辺野古で考え・体験したこと その1 »