2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« シリーズ「戦争と平和を考える」 5 辺野古新基地建設強行を考える | トップページ | シリーズ「戦争と平和を考える」 7 日本の戦争責任 パート2 »

2014年9月 1日 (月)

シリーズ「戦争と平和を考える」 6 日本の戦争責任

 『戦争責任をあいまいにすることから、なし崩し的に戦争への道が始まる』

 「南京虐殺はなかった」、「軍慰安婦の強制や国の関与はなかった」、「沖縄戦での日本兵による住民殺戮や集団自決に軍の関与はなかった」、「教科書にそうしたことを掲載するのは自虐史観であり、子ども達に日本人としての誇りをはぐくむことを阻害する」、「朝鮮半島や台湾における植民地支配は、マイナス面だけでなく鉄道などのインフラ面で現地に貢献した」、「創氏改名は朝鮮人が望んだ」と、戦争責任を否定する論調が大きくなってきた。

 教科書や各地の博物館(資料館)でも、日本の戦争責任につながる歴史的事実を掲載しない、表現をあいまいにする、分量を極端に小さくする動きが強まっている。

 極東軍事裁判は戦勝国の一方的な不公正な裁判であり、東条英機以下7名の絞首刑は戦勝国の報復である。彼らを国のために忠義を尽くした英霊として靖国神社に祭るのは当然である。お国のために命をささげた英霊に感謝をささげるため、靖国神社に首相以下国務大臣・政治家が参拝するのは自然な感情である。

 それを非難する中国や韓国はとんでもない。「いったいいつまで過去の戦争責任をあげつらうのか」、と中国や韓国のマイナス面ばかりを指摘する学者・政治家・文化人・テレビコメンテーター、そしてその論調を派手に取り上げるマスコミと、最近の日本は20年前、30年前では考えられない状況になっている。

 これを時代の変化と見過ごすことは、戦争への道につながると憂慮している。この危険な流れは、一部の右翼政治家・学者だけでなく、社会の流れ・空気になりつつある。

 この「戦争と平和を考える」シリーズ 1 で、誰でも平和を唱えると書いた。戦争責任を否定する人たちも、平和の大切さは強調する。平和のために靖国神社にお参りして、戦没者・英霊に感謝のお祈りをするという。

 近年若者がこうした論調・流れ・空気の影響を受けている。ネットでその動きが大きくなっているだけでなく、靖国神社に参拝する若者が増えている。選挙でも自民党・維新の会など保守政治家に投票する傾向がある。

 今の日本の人口構成は、戦後生まれが三分の二となっている。戦争を知らない世代が政治・経済・社会の中心である。過去の日本軍が犯した数々の残虐行為・人道に反する行為、国家が犯した間違に対して、直接的には戦後世代に責任はない。

 しかし自分の国が犯した罪・間違いを知らない、否定するなら、世界の国々特に侵略戦争の被害となった国々の人々と、本当の平和な関係を作ることはできない。

 次回は「日本の戦争責任」パート2 で、なぜ戦争責任があいまいなのか、きちんと過去の清算が行われないのかについて書きたい。

« シリーズ「戦争と平和を考える」 5 辺野古新基地建設強行を考える | トップページ | シリーズ「戦争と平和を考える」 7 日本の戦争責任 パート2 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

お目出度いなあ。戦争責任て負けた国だけにあるものなの?勝った国には無いの?そんな筈は無いよね。てことは負けたから無い事の責任も取らされたってことじゃないの?あんた方、原水爆の使用禁止も訴えてるけど、実際に使った連中の糾弾はしてるの?人道上許されるの?使った責任を取れと言ってるの?
責任なんて自分でやったことしか取る必要は無いでしょ?元先生はやっても居ない事の責任を取る覚悟はあるの?無罪を訴え続けている人を称賛してたじゃない。なんで日本が国として同じ事をしちゃいけないの?
「南京虐殺はなかった」あったならせめて殺されたとする人の1/10でもいいから骨を見せて頂戴な。虐殺なんだから骨とかに傷も多いんだろうな。
「軍慰安婦の強制や国の関与はなかった」朝日みたいな「広義」の強制性かい?親に売られたのに、買った側に強制が無いはず無いよね。そう云う時代です。国の関与ってソープランドでも保健所や消防が関与してるけど、それも国の関与かい?そのうちソープ嬢にも訴えて欲しいの?
「創氏改名は朝鮮人が望んだ」本当にそうだもん。彼らは中国じゃバカにされてたから、日本の名前だとバカにされずに済んだの。そのままの名前の人も高級将校になってたし、強制じゃ有り得ないでしょ?
な~んにも勉強せずに朝日に書いてある事を、日教組が言う事を盲信してることを反省しなさいな。
「沖縄戦での日本兵による住民殺戮や集団自決に軍の関与はなかった」有ったとするのは風聞だけ。国からのお金欲しさのでっち上げと言う当事者の証言はあったけど、認めないの?元先生が沖縄に将校でいたら命令したの?
「朝鮮半島や台湾における植民地支配は、マイナス面だけでなく鉄道などのインフラ面で現地に貢献した」植民地と呼ぶことにも違和感があるが、阪大より早く京城帝国大学が作られたって知ってる?インドやフィリピンにそんな大学あった?検地もして農地の所有者を特定したし、小学校も山ほど作り、ハングルも広め、農業協同組合も作って融資もし合えるようにしたりって知ってる?あの国の都市間の道路って日本のあぜ道程度。山は禿げ放題って漱石だかが書いてたな。

「自分の国が犯した罪・間違いを知らない、否定するなら、世界の国々特に侵略戦争の被害となった国々の人々と、本当の平和な関係を作ることはできない」この言葉を中国に言って下さいな。第2次大戦が終わった時に大陸ではチベットとウイグルが独立したの知ってる?それを中共が侵略して併合したのよ。負けちゃったけどベトナムにも侵略したし、インドにも度々してるよね。知ってる?そんな連中に四の五の言われたくないぞ。その時に中共が行った数々の残虐行為・人道に反する行為、国家が犯した間違いをあの国は無いと言い張ってますけど、そうなのかい?肯定するの?天安門ですら無かった事にしてるっぺ?そんな連中からの日本の戦争責任なんて薬九層倍と同じ。中共の正当性をPRするためのネタ。そんなことも判らんのかね?
ところで「本当の平和な関係」ってどういうこと?意味を考えた事ある?平和なんて戦争、今やテロルも含むかな、が無いだけのことで、そこに本当も嘘も偽りも無いんじゃない?そうなると中国には国内にすら平和は無いってことだよ。中国とそんな関係の国って何処かあるかい?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シリーズ「戦争と平和を考える」 6 日本の戦争責任:

« シリーズ「戦争と平和を考える」 5 辺野古新基地建設強行を考える | トップページ | シリーズ「戦争と平和を考える」 7 日本の戦争責任 パート2 »