2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 原発事故避難計画の問題点 | トップページ | ほのぼの・時には辛口コラム 12 沖縄知事選 »

2014年10月31日 (金)

原発災害避難計画 袋井市の状況

浜岡原発を考える袋井の会では、市当局と市民に、原発事故に対処できる完璧な避難計画など立てられない、止めておく・永久停止・将来的には廃炉が一番安全であることを悟ってもらうために、市の防災課と避難計画についての話し合いを続けている。

 下記の文章は、10月25日、牧之原市で行われた第8回UPZ市民交流会で報告したもの。

 

袋井市の原発事故避難計画策定の状況

 

 

 

*9月26日、10月24日、市防災課、出口防災監ならびに担当職員との話し合いを実施。

 

 

 

1.袋井市の広域避難独自シミュレーション 9月12日公表 新聞報道あり、9月議会説明

 

 ①全市民8万7千人(31,800世帯)が天竜川西岸に避難するのに、約11時間。

 

 ②その前提。1世帯1台の車。1時間に3000台毎出発。かささぎ大橋、東名高速、浜北大橋、

 

  新東名の4コース。自治会単位。PAZ避難の後。

 

 ③老人ホーム、病院、障害者、車を持たない世帯は考慮せず。

 

 ④11時間はPAZが避難した後、袋井市民が避難に要する時間。待機時間から計算すると、事故が起きて29時間25分後に天竜川を越える。(県の試算)

 

 

 

2.どの県・市町に避難するのか、避難先の具体的な場所は、県が調整中であり、分からない。

 

  単独災害では愛知県方面。複合災害では北陸を想定。

 

 

 

3.平日授業があるときは、児童・生徒は家に帰す。「放射能災害では急な避難はない」

 

 

 

4.避難時の食料・水の確保は、3日分は避難先の自治体で用意するという条件で考えている。

 

 

 

5.スクリーニングの機器は20個あり。(県から貸与。線量計。職員でも計れる。一人3分かかる。)大型の機械なら一人30秒。しかしその機材はもっていない。

 

 

 

6.ヨウ素剤は役所が備蓄。事故時には自治会単位に配布する。

 

 

 

7.策定に向けて今後の予定。県から避難先の知らせがあれば、相手自治体に赴いて、自治会単位での具体的な避難所などを相手側と協議。年度内(来年3月末)に出来ればと考えている。避難計画策定は来年度になるだろう。

 

 

 また10月24日、下記の要望書を市長と防災監あてに出した。

 

                           2014年10月24日

 

                       浜岡原発を考える袋井の会 代表 松倉次郎

 

原田英之袋井市長様

 

出口防災監様   

 

 

 

         原発事故避難に関わる要望書

 

 

 

1. 養護老人ホーム等福祉施設や病院、保・幼・小・中学校、在宅要援護者・障害者の避難のための輸送手段は、行政が責任をもって確保してほしい。

 

 

 

2. 上記災害(避難)弱者の避難先は、行政が責任をもって優先的に確保してほしい。

 

 

 

 

 

3. 緊急避難の必要が生じた場合、保・幼・小・中の児童生徒の避難は、保護者が個々に迎えに行くと交通渋滞や大混乱が予想される。行政があらかじめ決められた避難先に送り届ける体制、及び保護者が定められた避難先に迎えに行く体制を作ってほしい。

 

 

 

4. 18歳以下の子ども達が緊急避難を要する事態では、ヨウ素剤を早く服用させる必要がある。

 

学校にヨウ素剤を備蓄して、服用方法の研修を受けた先生方が児童生徒に服用させる体制作りを検討してほしい。

 

 

 

5. 原発事故避難計画は、避難を強いられる福祉施設や病院等、また自治会や住民の理解と了解がなければ、机上の空論にすぎず万が一の時機能しない。正式な策定の前に、各施設や自治会単位の説明会を開き、疑問や要望を反映した避難計画を策定してほしい。

 

 

 * 鹿児島県川内原発のように、机上の空論に過ぎない・実効性がない避難計画で、再稼働を認める状況にならないため、あの手この手で、避難計画の問題点を明るみに出していきたいと考えている。

« 原発事故避難計画の問題点 | トップページ | ほのぼの・時には辛口コラム 12 沖縄知事選 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんな要望書は 真摯に被害者を減らす事など考えてはおらず、再稼働を遅らせるための、まあ嫌がらせでしか無いのだが、論旨が逆立ちしてないかい?
原発に重大な被害が生じるほどの地震なら、そこらの道路も建物も土手も橋も壊れて車なぞ通れないはずだし、その車同士も走行中ならぶつかって火を吹いているはず。阿鼻叫喚だよ。それをどこまで想定するの?出来るの?その想定が無ければ対策も無いぞ。そんな中で誰がどうやって避難指示をできるのかね?市役所だって潰れて跡形も無いかもよ。
地震は大したこと無かったとして、津波だったらどうだろ。原発の防潮堤を越えるほどだよ。つまり防潮堤高より低い標高に居た人は助からないよね。津波が来るまで時間があるって?そりゃ震源までの距離によるよね。地震即津波もあるの。真夜中で停電してたらどうする?どうなるかね?一斉に車で逃げたらどうなる?標高の低い家の人から逃げて下さいなんて言える?
そんでさ、原発の事故はそれらと同時かその後だろ?とすると避難計画の内、原発に直接関係するのは逃げる方向と距離とヨード剤だけじゃん。しかも30km圏の生き残った全員が慌てて逃げる必要は無いのよ。風上なら取り敢えず逃げる必要無いし、風下だってちょっと左右に逃げれば済むかもだし。そんなの状況次第って判ってるの?
爆発なんぞしちゃったら、その後の日本中の混乱やそれに伴う苦労を考えたら、さっさと死んじゃった方が楽かもよ。爆発の程度にもよるがね。
事故になった後の事を真摯に考えるなら、車の事故もどうにもならんぞ。できるのは事故が収まってからだよね。事故中は車にどんな弱者が乗っていようと助けられんな。だろ?収まったと思って近付いたらガソリンが爆発もあるわさ。中で動けない、出られないだけだって助けられん。避難計画なんて立てられるの?危ないのに車の使用を禁止しないのは何故なの?原発と何処が違うの?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原発災害避難計画 袋井市の状況:

« 原発事故避難計画の問題点 | トップページ | ほのぼの・時には辛口コラム 12 沖縄知事選 »