2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ほのぼの・時には辛口コラム  15 翁長さん当選 | トップページ | 浜岡原発事故災害避難計画に関して県危機管理部原子力安全対策に質問書提出 »

2014年11月17日 (月)

ほのぼの・時には辛口コラム 16 新聞投書

翁長さんの勝利を喜ぶだけでなく、辺野古移設断念を勝ち取る戦いが続く。僕はその一環として、本土の世論に訴えるため、下記の投書を今朝まとめ、朝日新聞社に送った。掲載されたらうれしいが、このところ朝日への投稿は掲載されない場合が多いので、どうなるかはわからない。

 

沖縄の民意を尊重するのが民主主義

 

 

 

 沖縄県知事選で辺野古移設反対の翁長さんが当選した。同時に行われた県議補選でも名護市で辺野古移設反対の新人が、自民党候補を破って当選。那覇市長選でも翁長さんの後継者が当選した。

 

 「沖縄の陸、海、空の使用決定権は自分たちにある。これ以上沖縄に新たな基地を作らせない」と、保革を越えて沖縄の誇りを訴えた沖縄の民意が明確になった。

 

 今後は本土の民主主義が問われる。辺野古移設は白紙に戻すべきだ。放射能に汚染された廃棄物処理をみても、候補地とされた自治体の住民と議会、首長が反対すれば、政府は強行することはない。

 

 安倍政権は知事選前、「辺野古移設問題は過去のこと。粛々と進める」と言っていたが、埋め立てを承認した仲井真氏が大差で敗れた以上、政策の変更をすべきだと考える。

 

 普天間基地をどこに持っていくかは難しい問題であるが、沖縄に押し付けることは絶対許されない。その選択肢は消えた! 

 

 沖縄の民意を無視して、これまで通り辺野古移設の工事を進めるなら、それは沖縄差別であり、民主主義の否定である。

 

 12月に衆議院解散・選挙の公算が大きくなってきた。本土の有権者も辺野古移設問題への姿勢が問われることになる。沖縄から投げられた民主主義のボールを、本土の人間がどう受け止めるのか、一人一人真剣に考えよう。

 

 

* インターネットで確定票を調べた。翁長さん、36万820. 仲井真さん、26万1076.

下地さん、6万947. 喜納さん、7821.

 下地さんは辺野古移設は県民投票でと訴えていた。沖縄のことは沖縄が決めるとの主張に賛成して下地さんに投票した人たちや喜納さんに投票した人たちの分も、辺野古移設に反対とすると、有権者の大半が政府の新基地建設押しつけに反対しているとの民意が表れている。

« ほのぼの・時には辛口コラム  15 翁長さん当選 | トップページ | 浜岡原発事故災害避難計画に関して県危機管理部原子力安全対策に質問書提出 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

おめでたいねぇ。県と言う小さな単位では賛否が気分で変わるから、外交や軍事は何処の国でも国の直轄になってるんじゃない?今回はそれが正しい事の証明だな。地政学的な影響が死活的ではない事なら県の要望も聞けるけど、事が起きそうな所が半島やシナ海じゃ、あんな良い場所は無いだろうね。既に米軍としての集積はできているし、紛争場所には近いもん。近い方が抑止にも有効でしょう。来るまで何週間も掛かるなら、それまでに占拠を済ましておけばオーライと思っちゃうでしょ。110番が混み合っておりますのでお掛け直し下さいなんて案内があったり、繋がっても出動は来週ですじゃ捕まる犯人も捕まらないよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほのぼの・時には辛口コラム 16 新聞投書:

« ほのぼの・時には辛口コラム  15 翁長さん当選 | トップページ | 浜岡原発事故災害避難計画に関して県危機管理部原子力安全対策に質問書提出 »