2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 原発災害では実効性ある避難計画が立てられない | トップページ | イスラム国は内部崩壊するだろう »

2015年2月 2日 (月)

後藤健二さんの死に思う

 「恐ろしい。むごい。悲しい。家族特に奥さんやお子さん、お母さんの無念・喪失感・悲しみを思うとやりきれない。」  「政府は本気で昨年から救出に向けて努力したのか、疑問。」

 「イスラム国の残忍さに反吐が出る。彼らには言葉が通じない。」  「今後同じような悲劇が繰り返し起きる心配があるが、どうしたらよいのだろうか?」

 上記が正直な気持ちである。ほとんどの人が同じような思いに陥ったと想像する。失われた命は帰ってこないが、僕たちはこの悲劇から何を学び、今後どうすればよいのだろうか?複雑な中東情勢故、直ぐ解決できる方策を誰も持たないが、少なくとも日本人として、日本として対処すべきと考えることを書いてみたい。

①イスラム国とイスラム教徒・イスラム系の国々=中東の多くの国々とを混同しないこと。イスラム国(実際は国ではない)を実質的に支配している人々は、その支配下にある人々からも支持されていないし、周辺のアラブの国々・民衆、さらには世界中のイスラム教徒からも支持されていない。

 彼らは狂気の集団だと思う。国家ではないから、無責任。その残忍な行動に責任を持つものはだれ一人いない。だからこそ、こうした凶悪な犯罪を平気でやる。

 この集団と普通のイスラム教徒やアラブ系の人々を同一視しないことが、一番大切だと思う。アメリカやヨーロッパの一部の国では、イスラム系の移民排斥、差別、危険視が起きていると報道されている。

 普通の市民から敵視・歓迎されない環境から、普通の若者がイスラム国へと吸い寄せられる環境が成立する。

 僕の住む袋井市でも顔を黒い布で覆った女性を時々見かける。浜松市でもブブカではないがスカーフを頭にかぶっている人を見かけることがある。

 そうした人たちに偏見を持たないことが大切だと思う。

②安倍首相の危険な姿勢=イスラム国を空爆している有志連合国への支援、特にアメリカへの盲従、自衛隊を人質救出作戦に使えるようしたい、平和憲法をかなぐり捨てて戦争ができる国にしたい、との姿勢=考えが日本人を危険にさらすことになることを、徹底して批判すること、そうしてその方向性にストップをかけることが極めて重要だと思う。

 日本人人質が殺害されるようになったのは、小泉首相時代に自衛隊をイラクに派遣するようになってからである。あれ以来、中東で曲がりなりにも「日本はアメリカとは違う平和国家である」との評価を得ていたのが、少しずつ変わってきた。

 安倍政権になって、空爆を実施している有志連合国の仲間と見なされるまでなってしまった。この評価を変える努力が求められている。

③テロは戦争では防ぐことはできない! 対テロ戦争は何も解決しない。事態が悪化するだけである。アメリカの失敗から世界は学ぶべきなのに、残念ながらイギリスやフランスなどは対テロ戦争の泥沼に入ろうとしている。

 最低限日本はこの道に入らないよう、政府をしっかり監視する必要がある。マスコミの論調にも気を付けることが肝要である。

« 原発災害では実効性ある避難計画が立てられない | トップページ | イスラム国は内部崩壊するだろう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

いつもの意味不明がまたまた炸裂!
「彼らには言葉が通じない」のに「政府は本気で昨年から救出に向けて努力したのか、疑問。」て、何をすればいいの?札束を積むの?普通の国なら特殊部隊で奪還もアリだけどさ、ダメなんでしょ?じゃあどうするのよ?具体的に言いなさいよ。

「彼らは狂気の集団」なんでしょ?そんな連中がなんで日本が「平和国家」かどうかを問題にするって思うの?自分達に危害を加えそうに無い腰抜けだけど金はある国なら尚更狙われると思うのが当然じゃないの?やり放題が出来るのよ?PRに最適じゃん。アメリカにくっ付いているかどうかなんてどんな関係があるの?

たまには返事でもしたら~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 後藤健二さんの死に思う:

« 原発災害では実効性ある避難計画が立てられない | トップページ | イスラム国は内部崩壊するだろう »