2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 沖縄レポート 3  沖縄の新聞報道 | トップページ | 沖縄レポート 5 ゲート前に来る人々 »

2015年3月12日 (木)

沖縄レポート 4 テント撤去の権力側の脅しの滑稽さ

 国家権力は、権力の意思に反対する者・反対派の活動拠点を、あらゆる手段を使って排除しようとする。辺野古では、海上保安官・警察機動隊・基地警備員が物理的な排除の手先となっているが、その排除を正当化するために、防衛局や内閣府沖縄総合事務所・北部国道事務所が、ここは制限区域だとか、国道だから通行の邪魔になるとか屁理屈をつけて、勝手にフロートを張り巡らせたり、ロープやフェンスを張り巡らせたりする。また撤去の警告文を張ったり、口頭でその警告文を読み上げたりする。

 僕が滞在中もそれはあった。 下の写真は前回も掲載したが、権力のやり口をよく表しているので、再度掲載する。

Img_2368


Img_2371


 この事件?は2月25日夕方に起きた。キャンプシュワーブゲート側のテントを自主撤去して(この日は一部のみ撤去した)、反対側の草地(歩道に面した緑地帯。通行に全く支障がない!)に新たなテントを立てたところ、警察機動隊と作業員、内閣府沖縄総合事務所職員、北部国道事務所職員、計70人以上が突然やってきて、歩道と草地の境界に写真の柵を立て始めた。

 午後の集会も終わり、この時間帯に残っていたのは10人ぐらい。山城さんが不在で、反対派が少ない時間帯を狙っての柵設置である。僕たちが阻止しようとすると、警察が僕たちを取り囲み、外に出さない。その間に、作業員たちは柵を張り廻らせた。

 彼らの目的は緑地帯は国の物だから、中にテントを設置させない、中に入らせないためである。

 前回のレポートでテントをたたむからこの柵も撤去しろとの山城さんの提案で、たたまれたと報告したが、現場には柵やその他設置資材はそのまま置かれてあった。

 26日、北部国道事務所の大城副所長とこちら側とで、話し合いが行われたが、権力側は両方のテントの撤去を要求。こちら側は、「フェンス側は撤去する。しかし全国から支援物資がたくさん届いており、また寝袋や毛布等の倉庫として新たなテントは必要だ」と、交渉は決裂。

 フェンス側のテントをそのままにし、緑地帯のテントを補強したり、さらに広げることにした。また権力側がテント撤去できないよう、こちら側でテントと緑地を取り囲む簡単な仕切りを作った。

 そうすると、彼らは「ここにテント等設置することを禁止する」という看板を設置にやってきた。写真がないのは残念。

 滑稽なのはこれから。この看板を守るため(我々が撤去しないよう)、15分ごとに総合事務所・国道事務所職員がチームを組み、パトロールを始めた。可愛そうに夜もである。僕は9時半過ぎに現場を離れたが、テントに泊まり込んだ人に聞くと、深夜もパトロールしていたとのこと。

 このパトロールは 僕が3月3日辺野古を離れる時も続いていた。そして時々向こうの責任者が、テントを撤去してくださいと警告を告げにやってくる。

 26日、27日は、彼らの車は国道に駐車してあったが、28日からはなんと米軍基地内(ゲートの中)に駐車。ゲートから国家公務員である彼らが3~4名のチームで出てきて、僕らのテント前をうろつくようになった。顔を見られるのが恥ずかしいとみえて、全員マスクをしている。

 普段は事務職としての仕事をしている彼らが、警備員のような仕事をやらせられている。管理職以外は、労働組合の組合員でもある。その組合は平和運動センターにも加盟している(山城博治さんはその議長!)

 なんともおかしく悲しい!  大和政府の菅官房長官に沖縄総合事務所や国道事務所の所長が東京に呼び出され、「テントを撤去しろ! お前らは反対派に何もできないのか!」と、どやされ、はっぱをかけられたと新聞報道で知った。

 しかし、権力はテントに手を出せない状況が続いている。

« 沖縄レポート 3  沖縄の新聞報道 | トップページ | 沖縄レポート 5 ゲート前に来る人々 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

事務職の方が苦労しているのは、あなた方が法律違反しているからじゃないんですか?
なぜ犯罪行為に手を染めているのに、平然としていられるのですか?
新聞やテレビで沖縄の基地について見るたび、基地問題より反対する人たちの過激な行為ばかり気になって
正直全然応援する気になりません。
多分、殆どの人がそう感じてると思うのですが。
世論を味方につけようとか、反対する人たちは考えないんでしょうか。

利用者が居ない公園にテントを張って生活しても良いの?元先生のひろ~いお庭にテントを張っても良いの?同じ理屈だよ。「寝袋や毛布等の倉庫として新たなテントは必要」だなんて、そんなスペースは自分達で調達しなさいな。敵対相手にちょっとだけ貸してなんて情けない事を言わずに、徹底的に対立しなはれ!!基地に反対する地主さんは沢山いるんでしょ?幾らでも借りられるじゃあ~りませんか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄レポート 4 テント撤去の権力側の脅しの滑稽さ:

« 沖縄レポート 3  沖縄の新聞報道 | トップページ | 沖縄レポート 5 ゲート前に来る人々 »